日本の首都の消費者物価は、2014 年以来最も速いペースで上昇しています。

全国的なインフレの先行指標である東京のコア消費者物価は、9 月に前年比 2.8% 上昇し、2014 年以来最大の上昇を記録し、コスト圧力の高まりを示している。

日本の首都の中央消費者物価指数 (CPI) は、石油製品を除外し、生鮮食品の価格を除外したもので、8 月の 2.6% 上昇に続いて、中間市場の予測と一致しました。

指数の上昇率が日銀の目標である 2% を上回ったのは 4 か月連続であり、2014 年 6 月に記録された 2.8% の上昇に匹敵します。

政府のデータによると、公共料金、チョコレート、寿司、ホテルの請求書など、幅広い商品やサービスの価格が上昇しており、より多くの企業がより高い商品コストを家計に転嫁していることを示しています。

このデータは、日銀が、コスト上昇による最近のインフレが、回復力のある国内需要に牽引された持続的な価格上昇につながるかどうかを評価するために調査する重要な要素の 1 つです。

日銀は、最近のインフレ率の急上昇にもかかわらず、超緩和的な金融政策を維持することを約束しており、それは強い消費よりも燃料や商品価格の上昇などの一時的な要因によるものであると述べています。 (取材・竹本好文、編集・サム・ホームズ)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です