日本の高齢化社会を描いた「悲痛な」映画「プラン75」

それは 「無情な未来にひんやりと飛び込む」、 コメントする ジャパンタイムズ。 彼の最初の長編映画で カード75、 46 歳の早川千恵は、確かにディストピア的であるが、差し迫ったものとして提示され、視聴者を非常に時事問題に送り返す未来を思い描いています。 高齢化が進む日本では、高齢者のケアが政府予算を圧迫し続けています。 そこで政府は、社会の「負担」にならないように、75歳以上の人が望むなら安楽死させる「プラン75」と呼ばれる装置を立ち上げることにしました。

角谷道さん(78)(倍賞千恵子さん演じる)は、番組のターゲットキャラクターの一人。 夫を亡くし、家賃を払うための小さな仕事を失い、友人の輪が縮んでいくのを目の当たりにして… 健康でありながら経済的、社会的に脆弱な彼女は、想像を絶する想像をし始めます。

2025年の課題

前回のカンヌ国際映画祭あるリスペクト部門で上映された、 カード 75 カメラドールの審査員から特別賞を受賞しました。 倍賞千恵子の儚げな気品に照らされたこの感動的な映画は、6 月 17 日に日本で公開され、地元のマスコミを驚かせました。 「1947年から1949年の間に生まれた団塊の世代が75歳以上になる2025年には、この年齢層は人口の20%を占めることになります。 e

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。