日本の4月の消費者物価指数は7年ぶりに日銀の目標を上回った

しかし、金曜日に発表されたコア消費者物価指数(CPI)の2.1%の上昇は、日本銀行(BOJ)が超緩い金融政策を維持するという市場の疑念を煽っています。賃金の伸びから。

コアCPIデータは、不安定な生鮮食品の価格を除外していますが、ウクライナでの戦争のために急騰したエネルギー価格は除外していません。 同じことが、インフレ上昇のもう1つの要因である、生鮮食品以外の価格に影響を与える他の商品のコストにも当てはまります。

4月以前は、2015年以降、このレートで指数は上昇していませんでした。または、2008年以降ではなく、消費税の引き上げの影響を受けた10年半ばを除いては上昇していませんでした。

日銀が2.0%まで下げる努力をしているにもかかわらず、何年もの間、インフレは一般的に1%に達するのに苦労してきました。

しかし、アナリストらは、外国のエネルギーや他の商品のコストが上昇を牽引したため、最終的に目標を超えたという事実は祝賀の理由ではないと述べた。

「現在の値上げは輸入コストの上昇によるものです。全体像を見ると、これはインフレが企業と家庭に重くのしかかっていることを意味します」とNLI研究所のエグゼクティブリサーチフェローである齋藤太郎は述べています。

「賃金が上がると、家計はより高い実質所得を期待するかもしれないが、それは上がらないので、家計は悪影響を受ける。」

日銀は、現総裁の黒田東彦氏の就任初年度に、2013年のインフレ目標を2%に設定しました。 彼は、コスト主導のインフレ上昇は一時的なものであるため、中央銀行は刺激的な取り組みを急いで終わらせるつもりはないと繰り返し述べています。

したがって、中央銀行は非常に柔軟な金融政策を維持しており、力強い賃金の伸びに支えられて、インフレが2%にとどまると期待しています。 他の主要な中央銀行が彼らの政策を引き締めている間、それはこの立場を取ります。

半分の給与

日本の賃金は1990年代以降、生活費に比べてほとんど変化しておらず、世界第3位の経済大国で最も差し迫った問題のひとつであり、家計の支出ではなく貯蓄性向を高めています。

3月の最新の給与データは、インフレが総現金収入のわずかな年間成長率を上回ったため、実質賃金が3か月ぶりに下落したことを示しています。

政府が発表した4月のインフレ率は、ロイターの世論調査による予測の中央値と一致しています。 これは、3月の年率0.8%の増加よりもはるかに強力ですが、その初期の数値は、計算に反映される携帯電話料金の急激な低下の影響をより受けていました。

携帯電話の料金は、3月の1.42パーセントポイントと比較して、4月の見出しCPIを0.38パーセントポイント引き下げました。

伊藤忠商事経済研究所のチーフエコノミスト、武田厚司氏は、輸入コストの高騰は海外への資金の流れを意味していると語った。

「それが経済的に悪いことは間違いない」と彼は言った。

現在、日本の基準ではインフレ率は高いかもしれませんが、賃金の伸びが弱い場合、日本企業は物価を上げることが容易ではないため、他の国に比べてインフレ率は低いままです。 米国では、4月までの12か月間で消費者物価が8.3%上昇しました。

ロイターの17人のエコノミストの調査によると、費用対効果のインフレが引き続き日本の家計を圧迫する可能性があることを示す兆候として、5月27日までのデータは東京地域の消費者物価が前年比2.0%上昇したことを示すと予想されます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です