日本の5月の工業生産は2年間で最大の減少に苦しんでいます

この減少はまた、世界第3位の経済大国が供給の混乱と持続的に高い商品価格とエネルギー価格を乗り切るために直面​​している課題を強調しています。

5月の工業生産は季節調整済みの前月比7.2%減少し、木曜日の公式データによると、自動車や電気・汎用機械などの生産が大幅に減少した。

2020年5月の10.5%の急落以来、最大の月間低下を示すこの低下は、ロイターの世論調査でエコノミストが予想していた0.3%の低下よりもはるかに大きかった。

キャピタル・エコノミクスの日本担当シニアエコノミスト、マルセル・ティエリアント氏は、「5月の工業生産の低迷は、日本の回復が再び期待外れになっていることを示唆している」と述べた。

「一般的な誤解は、供給不足が根本的な原因であるということです」と彼は付け加えました。 「しかし、生産量の減少にもかかわらず在庫が概ね安定しているという事実は、弱い需要が役割を果たしていることを示唆している。」

データは、世界最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車が、すでに削減された5月の世界生産目標を達成できなかったと発表した翌日のものです。

トヨタは先月、全世界で634,940台の自動車を生産しましたが、目標の約70万台は、上海でのパンデミック規制により、4月中旬の75万台から5万台削減されました。

パンデミック後の支出が緩やかに回復したこともあり、日本のサービス部門の活動が活発化する中、日本の製造部門はハイテク部品やチップの供給の混乱による圧力にさらされています。

政府は工業生産の格付けを下げ、弱いと述べた。

経済産業省(METI)が調査した製造業者は、6月の生産が12.0%回復し、7月に2.5%の拡大が続くと予想しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。