日本のJFEは、2022年末までにインドでJSWと電磁鋼板の合弁会社を設立することを決定する。

JFE ホールディングスが所有する日本第 2 位の鉄鋼メーカーである同社は、発電効率を改善するための高度な鉄鋼製品を提供することで、成長するインド市場を開拓することを目指している、と柿木氏は記者団に語った。

柿木氏は「JSWと協力して方向性電磁鋼板の需要を創出する技術でハイエンドな事業を構築する計画だ」と語った。

JFEは昨年、インドでの電力需要が爆発的に増加する中、JFEが15%出資するJSWスチールと合弁会社を設立し、同鋼板を製造する可能性調査を行うと発表した。

日本の鉄鋼メーカーは、インドでの生産能力を縮小しながら、インドで拡大しています。

JFE の主要なライバルである新日本製鐵は、インドのハジラ工場の粗鋼生産能力をほぼ 2 倍にすることを計画している。

日本市場向けには、エンジニアリング部門と商事部門も持つ JFE が、洋上風力発電事業の拡大を計画しています。

「具体的には、すべての運用および保守 (O&M) サービスを引き継ぎたい」と彼は述べ、General Electric や Vestas などの風力タービン メーカーのローカル O&M サービス プロバイダーになりたいと付け加えました。

JFEは、水中作業を専門とする企業など、グループがカバーしていない分野での買収を検討する可能性があるとカキギ氏は述べた.

日本は、排出量を削減するために、2040 年までに最大 45 ギガワットの洋上風力発電を設置する予定です。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。