日本は、気温が急上昇するにつれて人々にエネルギーを節約するよう促します-国内および国際的なモロッコのニュース| モロッコからのユダヤ人のニュース、最新ニュース| מרוקוג׳ויישטיימס、חדשותמרוקווהעולם| モロッコからのニュース

日本政府は東京での停電の可能性を警告し、日本が異常な高温に直面しているため、省エネ努力の強化を求めています。

気象庁は、1951年に気象庁が記録を開始して以来、毎年恒例の夏の雨季の最も早い終わりを発表しました。 雨は一般的に夏の気温を低く保つのに役立ち、多くの場合7月になります。

日本は6月に記録的な気温を経験し、土曜日には一部の地域が摂氏40度に達しました。 東京の繁華街では、月曜日に気温が35度近くに達しました。

気温は夏の停電の懸念を高めています。 経済産業省は、東京電力(TEPCO)の集水域の人々に午後のエネルギー節約を促した。

東京電力は、日本の北部県にサービスを提供している東北電力からの貢献が電力不足に対処するのを助けることを期待していると言いました。

同省の電力政策部長である尾川要氏は、できるだけ多くのエネルギーを節約するよう人々に促したが、彼らは適切に空調を使用し、熱を吹き飛ばさないように注意するべきだと付け加えた。

新聞によると 毎日、 熱中症治療のために週末に250人以上が東京の病院に駆けつけられました。

多くの高齢の日本人は、一部は習慣から、一部は高価な電気代を避けるために、エアコンの使用を避ける傾向があるため、熱射病は大きな問題です。

また、古い日本の家屋は断熱が不十分なことが多く、夏は非常に暑く、冬は非常に寒くなります。

日本の電力供給は、福島の原発事故後、国がほとんどの原子炉を停止したときに制限されました。

政府は、炭素削減の約束を果たすために古い石炭火力発電所を閉鎖したため、より厳しい安全基準を満たした原子炉の再起動も試みました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。