日本は、規則の見直し後、年末までに洋上風力発電のオークションを再開する予定です。

回復は、日本の北部にある八峰能代洋上風力発電所の3月のオークションの突然の停止に続くものです。 業界筋によると、企業が入札プロセスの明確さの欠如を批判した後、停止が来た。

政府が12月下旬に、三菱商事が主導する3つのコンソーシアムを選び、北日本の秋田市と東京近郊の千葉市で3つの洋上風力発電プロジェクトを運営したことで批判が出た。

木曜日に産業大臣と土地大臣によって専門家のパネルに提示された提案された変更は、複数の海域が競売にかけられたときにコンソーシアムが獲得できるよりも高い評価スコアを、より早い発売日を提出し、入札に制限を設定するオペレーターに与えます。

価格のみに焦点を当てたオークションを思いとどまらせるために、審査プロセスでは、価格を審査するときに、市場価格を下回るすべての入札を同じスコアで扱います。

政府は、エネルギー価格が高騰しているロシアのウクライナ侵攻の中で、日本は再生可能エネルギーをより早く開発する必要があるため、変更が必要であると述べています。

洋上風力発電は日本の脱炭素戦略の重要な部分であり、政府は割り当てを減らすために2030年までに最大10ギガワット(GW)の洋上風力発電容量を設置し、2040年までに最大45GWを設置する予定です。

デンマークのOrstedやドイツのRWEなど、多くの世界的な風力エネルギー企業が日本市場への参入に熱心です。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。