日本はこの夏、家庭や企業にエネルギー節約を呼びかけています

東京を含む3つの地域では、7月に過剰な発電能力(供給不足や停電が発生する可能性のあるレベル)が3%近くまで低下すると予想されるため、この措置は火曜日の閣僚会議で設定されました。

萩生田産業相は記者会見で、「廃発電所の再稼働、燃料の追加購入、再生可能エネルギーや原子力の最大限の活用など、可能な限りの対策を講じる」と述べた。

政府の全国的な省エネ要請は2015年以来初めてであり、7月1日から9月30日までの間に発効します。 この間、一般の人々は不要な照明を消し、エアコンを摂氏28度に設定するように促されます。

日本の電力供給は、原子力発電所の再稼働が遅く、二酸化炭素(CO2)排出量の削減という目標を達成するために、多くの古い火力発電所が閉鎖されたために不足していました。

ロシアとウクライナの紛争や制裁措置の延長の一環として、ロシアからの液化天然ガス(LNG)などの燃料の供給が中断される可能性があるため、資源の乏しい国も化石燃料の不足の脅威にさらされています。西側のモスクワで。

日本の電力供給は冬にさらに厳しくなると予想され、1月と2月の10地域のうち7地域で3%を下回ると推定され、東京地域を含めて0%を下回ると予想されます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です