日本はついに120歳の父親と再婚法を変える予定です

日本の日付

社会家族

日本は父性を決定する民法の旧法を改正し、離婚後100日以内の女性の再婚を解禁する。

日本の民法には、子の推定婚姻に関する 1898 年に制定された法律が含まれており、この法律には、父性を規制する次の条項が含まれています。

  • 結婚中に女性が妊娠した子供は、夫の子供とみなされます。
  • 結婚後200日以内に生まれた子供は、結婚中に妊娠したと推定されます。
  • 婚姻解消後300日以内に生まれた子は、婚姻中に妊娠したものと推定される。

しかし、これら 3 つのルールが常に平和に共存しているわけではありません。 たとえば、女性が離婚後 15 日後に再婚し、再婚から 280 日後に出産した場合、新生児は 200 日ルールに従って新しい夫の子供と見なされます。 ただし、妻が離婚してから295日しか経過していないため、300日ルールに従って、小さな子供も最初の夫の子供と見なすことができます.

これらの相反する規則により、当局は女性が離婚後 100 日以内に再婚することを禁止する条項を含めることを余儀なくされました。 このようにして、300日のしきい値を超えることができ、子供の父性を明確に確立することができます.

適用法による結婚の推定は、結婚内での妊娠に基づいています。 ただし、離婚手続き中に女性が新しいパートナーを妊娠した場合、または前の結婚の終了を引き起こした姦通のために女性が妊娠した場合は無視されます.

女性は、新しいパートナーが子供の生物学的父親であることを知っており、現行法の下で子供が元夫の名前で登録されることを避けるために出生登録を拒否する場合が多い. 未登録の子供は居住許可を取得できず、法定健康保険や就学などの社会サービスから除外されるため、これは多くの問題を引き起こします。

内閣府は2022年10月14日、未婚の子と再婚した後に生まれた子を求める300日条項に特例を加える民法改正案を可決した。 内閣は、州議会の今会期中に改正を推進することを目指しています。

離婚後300日以内に生まれた子は前の夫の子であるという原則が維持されていますが、女性が再婚した場合、離婚後300日以内に生まれた子は新しい夫の子とみなされます。 この修正により、正当性に関する相反する仮定が排除されるため、再婚の禁止は 100 日以内に廃止されます。

新しい規制

(表紙写真:ピクスタ)

会社
女性
家族
結婚式

誕生
離婚

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です