日本はどのようにして地域を活性化し、都市をより魅力的にすることができますか?

人口の高齢化が進む日本は、人口の少ない地域を再び活気づけ、魅力的にしたいと考えています。 日本は、デジタル田園都市プログラムとそのデジタルおよび技術的ノウハウのおかげで、小さな町を活性化するための特に興味深いソリューションを提供しています。

神山村は60年で人口の70%を失いました。 しかし、山岳リゾートは日本の例です。 5,000人のこの村は、地元の子供たちの強い意志と集中的なブロードバンド開発のおかげで目覚めました。

グリーンバレーは神山をインキュベーターに変えたい

グリーンバレーのディレクター、オミナミ・シンヤは、彼が育った街への野心を隠していません。 「この美しい場所をシリコンバレーに変えられないのではないかと思ったので、街のデジタル化に着手しました。」

多くの場合、改装された伝統的な家屋では、約15社がアンテナと衛星オフィスを設置しています。 それらのほとんどは、ITおよび電気通信業界で働いています。

グリーンバレーの設置に伴い、東京の起業家である住田哲は、2013年に約15人の従業員を擁する村で最大のサテライトオフィスを開設しました。

「私たちの場合、従業員は東京か神山市のどちらで働くかを選択できます。役職と給与は基本的に両方の場所で同じです。 地方ではデジタル技術を利用する企業が増えると思います。」Plat-EaseCorporationのボスであるSumitaTetsuは説明します

今日、多くの人々が村を離れるよりも村に移動します。 クレッシュの子供たちの70%は外国人の家族から来ています。

神山の発展は1999年に国内外の芸術家を巻き込んで始まりました。 その後、グリーンバレーは別の目標を開始しました。それは会社の設立を促進することです。

高齢者にサービスを提供するテクノロジー:遠隔医療

伊那市はデジタル技術で輝いています。ドローンを使って高齢者に配達を提供するか、ここのように、病院を高齢者や孤立した患者に近づけます。

「日本、特に地方では医師が非常に少ない。これらの問題を解決するためには、遠隔医療技術を患者に提供する必要があると感じた」と語った。伊那の新産業技術推進責任者、安江晃氏は説明する。

ここ日本アルプスでは、冬に雪が降ることがよくあります。 これは、移動に対する追加の障害となります。モバイルクリニックは、西村朗にとって天の恵みです。

訪問は彼の家のふもと、最寄りの病院から1時間のところで行われます。 病院の医師がテレビ会議で相談します。

「病院に行くと、いたるところに人がいて、言えないことがあります。ここだけで、本当に気持ちを表現できる気がします。心配です」 西村朗は言う。

矢沢リナ姉妹も私たちと彼女の驚きを共有しています: 「私が最も感銘を受けたのは聴診器でした。オンラインで医師と音を共有できることに驚いています。」

神山郁夫医師は、この技術のおかげで、日中により多くの患者を診察する機会があると語っています。

福島、新しい機会の中心?

地域の活性化は、地方だけではありません。 住民を惹きつけようとしているもう一つの州は、2011年の原発事故後に避難した福島です。

2014年以降、南相馬のインキュベーターは、時には他の地域からのスタートアップを歓迎しました。

彼らの頭の中で、和田知幸はまた、工場から20キロ離れた彼の町への避難者の帰還をスピードアップしたいと考えています。 「多くの問題があり、人々がここに住むことができないと思うなら、私はそれらを解決するために100、さらには1000の中小企業を作りたいと思っています。それが私の使命です。」

小高労働者基地の支援を受けて設立された18社の中には、乗馬の伝統で知られる町の観光客に乗馬を提供するプロの騎手、ジン・ヨイチロウの会社があります。

「労働者基地のマネージャーである和田氏は、私を重要な投資家と連絡をとるためのメンターを務めました」と若い起業家は言います。 若い起業家は言います。

ハコバのために

ハッコバチームは、日本の有名な飲み物であるクラフト酒醸造所を開設しました。この地域での存在感は重要です。

上司の佐藤泰輔は、地域経済に積極的に貢献することに誇りを持っていると語っています。

「ここで働くことで、制作に特別な感覚を加えることができるという印象を受けます。 たとえば、福島原発の近くには稲作農家がいて、日本酒を通じて世界中にその努力を発信することができます。」

人々に奉仕する日本のロボット

この南相馬市では、革新が進んでいます。 活性化はデジタルであるだけでなく、技術的でもあります。 そして、市内に設置された世界でも類を見ないこのロボットテストセンターが一役買っています。

空中、水中、陸上で、企業はここであらゆる種類のロボットを、特に災害のためにテストしています。

福島のロボット試験を担当する鈴木真司は、日本の地域の活性化における福島の最も重要な役割について次のように語っています。 「農村地域でのロボットの導入は非常に有望です。 それらを操作できるだけでなく、それらを制御および保守できる人が必要です。 これにより、これらの人々に新しい仕事を提供することで、農村地域を活性化できると思います。」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です