日本はイエメンの停戦仲介におけるサウジアラビアの役割を称賛する

ハルツーム-スーダンの首都を訪れた国連専門家が数千人の民主主義反対派の抗議者に直面して「過度の武力行使」を回避するよう求めたため、金曜日にハルツームで抗議者が射殺された。

デモ参加者は、2019年6月3日に座り込みが解散したときに死亡した128人の死者に正義を要求することを示しているとAFPジャーナリストは発見しました。

当時、4月に独裁者オマル・エル・ベチルが軍から追放されたばかりの街路は、兵士が民間の指導者と権力を共有することを強制するために、職員本部の近くに座り続けていた。

しかし、6月3日、座り込みは軍服を着た武装した男たちによって血まみれに解散されました。

軍事評議会によって命じられた最初の調査では、Rapid Support Forces(RSF)の準軍組織が暴力に関与していることがわかりました。 今日、その指導者であるモハメド・ハムデーン・ダグロ将軍は、10月のクーデターで設置された軍隊の第2位です。

今週の金曜日、抗議者たちはそれを使って、2019年の「革命」の死者(250人以上)のために兵士たちに正義を要求し、アブデルファッタアルブルハネ将軍によるクーデターと弾圧に再び反対を表明したかった。医師によると、金曜日に99人目の犠牲者が出た彼に続いた。

「20代の男性が治安部隊によって胸に発射された弾丸によって殺された」とスーダンの開業医の民主化推進組合は言った。

首都の路上で、デモ隊は混乱して「目には目を、目には目を、歯には歯を」と「兵舎の兵士たち」と混乱して唱えたと、AFPのジャーナリストは報じた。

この記念日を見越して、国連の人権専門家であるアダマ・ディエングは、「当局に対し、その日のデモに直面して、拘束を行使し、過度の力を行使しないよう求めた」とツイートした。

彼らの側では、スーダン(ノルウェー、米国、英国)でのトロイカの機動は、2019年6月の解散の「生存者と犠牲者との連帯」を表明し、「この虐殺に対する政府主導の調査への迅速な結論を求めた。そしてその結果を公表するために」。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。