日本はサーキュラーエコノミーの実施における経験を共有しています

シンポジウムは、行動計画の策定を目的として、天然資源環境戦略政策研究所(ISPONRE)、日本国際協力庁(JICA)、日本工営ベトナムインターナショナル(NKV)が共同で開催しました。ベトナムのサーキュラーエコノミーのために。






ハノイでの7月6日のシンポジウム中。 写真:VNA / CVN

細野友之、JICA / NKV研究グループの責任者は、ベトナムのサーキュラーエコノミーに関するJICA調査の結果を共有しました。 彼の主な目標は、ベトナムと日本のサーキュラーエコノミーに関する基本的な情報を収集することであると彼は述べた。 ベトナムのサーキュラーエコノミーの規制の枠組みの構造と日本のサーキュラーエコノミーのビジョンの分析。 サーキュラーエコノミーを構築するための基本計画を策定し、日本や他の国々の経験に基づいて、ベトナムにおけるサーキュラーエコノミー行動計画の枠組み案を提案する。

サーキュラーエコノミーの概念は、21世紀の持続可能な開発のための環境と天然資源の課題に取り組むことを目的として、1999年から日本に存在しています。e 世紀。

ISPONREの代表であるLaiVanManhは、参加者にベトナムの全国サーキュラーエコノミー行動計画の概要を説明し、省庁と州当局はサーキュラーエコノミーを戦略、計画、プログラム、プロジェクトに統合すべきであると述べました。 廃棄物管理とリサイクルを促進します。

企業は天然資源への依存を減らし、製品の製造と流通プロセス全体で廃棄物のリサイクルを加速するための措置を講じる必要があると彼は述べ、政府にはベトナムの状況に見合ったサーキュラーエコノミーを実施するためのロードマップとインセンティブがあると付け加えた。

環境天然資源省は、2023年12月31日までに公表される予定の全国サーキュラーエコノミー行動計画を策定しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。