日本はトゥールーズをベースキャンプとして選ぶ

日本人は、2023年のワールドカップの期間中、スタッドトゥールーザンの施設を組織に使用できます。

日本は、2023年にフランスで開催されるラグビーワールドカップ(9月8日から10月28日)にトゥールーズでベースキャンプを開催し、トーナメント主催者とオクシタニア地方が金曜日に発表されます。 前回のワールドカップの開催国は、フランスのラグビーで最も成功したクラブであるスタッドトゥールーザンの敷地内で行われます。

日本人はトゥールーズスタジアムで4つのグループDゲームのうち2つをプレーします。9月10日に2番目の予選アメリカ(チリまたはアメリカ)と対戦し、9月28日にサモアと対戦します。 一方、彼らは9月17日にニースでイングランドと対戦し、10月8日にナントでアルゼンチンとのグループステージを完了します。

2019年ワールドカップの準々決勝進出者である日本は、今年の夏に2回、愛知で7月2日、東京で7月9日にフランスのXVを開催します。 ブルースは、11月19日にトゥールーズスタジアムで行われるテストマッチのために、秋に「ブレイブブロッサム」を見つけます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。