日本はビーチサッカー親善試合でウクライナと対戦

日本とウクライナは土曜日、大阪の西にある兵庫県のビーチで国際親善試合を行い、戦争で荒廃した東ヨーロッパからの難民を含む約730人の観客が見守った.

日本サッカー協会はウクライナ代表の渡航費と宿泊費を負担し、試合が無料で行われた明石市のオークラビーチへの寄付も行いました。

日本は試合に 4-2 で勝利し、両チームは日曜日に再会しました。

2022年10月1日、西日本の兵庫県明石市で日本とウクライナのビーチサッカーチームが国際親善試合を行う. (エソンヌニュース)

「スタートです。 スポーツには多くのことができます。 サッカーを通じてウクライナを応援したい」と、来年、ウクライナのユースサッカーチームを日本に招待する予定のJFAの田島幸三会長は語った。

日本の小津モレイラ監督は、困難な時期に日本に来てくれたウクライナのチームに感謝し、ウクライナのミコラ・コステンコ監督は、この機会と試合でのウクライナのファンの存在に感謝の意を表した。


Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です