日本はフランスをホストする前に再びウルグアイを破った

SudOuest.frからAFPを使用

フランスのXVに対する2回のテストの前に、日本人はウルグアイに対して2回連続で勝利しました。

日本のラグビーチームは、7月上旬にフランスとの2人の親善試合を主催する数日前に、北九州(南西)で土曜日の週に2度目のスコア(43-7)でウルグアイを支配しました。

自分たちの土地で開催された2019年ワールドカップの準々決勝進出者である日本人は、先週の土曜日に東京でウルグアイとの34時15分に最初の決闘に勝ちました。

フッカーとキャプテンの坂手淳とセンターのディラン・ライリーはそれぞれ前半のトライを記録し、サカテの前にウィンガーのゲルハルト・ファン・デル・ヒーバーが日本での最初の試合を行い、センターの梶村祐介が休憩後にさらにトライを追加した。 ウルグアイは、6分後にマヌエルアルダオからの試みで名誉を救った。

日本は、シックスネイションズトーナメントのチャンピオンを擁護するフランスを来週の土曜日にトヨタに迎え、翌週の東京オリンピックスタジアムで会うことで、ワールドカップへの準備を強化します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。