日本は世界で最も効率的な大気中のCO2除去システムを作成しています

日本の東京都立大学の研究者は、二酸化炭素(CO)を使用する新しい捕獲システムを開発しましたそれらから)前例のないパフォーマンスで大気からまっすぐ。

によって公開された記事 アメリカ化学会 は、「液-固相分離」システムでイソホロンジアミン(IPDA)を使用して、99%の効率で大気から低濃度の二酸化炭素を除去する研究について説明しています。

日本の科学者によって開発されたシステムは、CO除去のために世界で最も効果的ですそれらから 雰囲気。 画像:東京都立大学

公式データによると、接続は最小限の加熱で再利用可能であり、既存のシステムの少なくとも2倍の速度です。

世界中で気候変動の壊滅的な影響が感じられており、炭素排出量を削減するための新しい政策、ライフスタイル、技術が緊急に必要とされています。

炭素の回収、除去、それに続く貯蔵または変換プロセスの分野は急速に成長していますが、プロセスを大規模に実施する前に、いくつかのハードルを克服する必要があります。

また、特にいわゆる直接空気回収(DAC)システムでは、効率が最大の課題の1つです。 まず、COの現在の濃度がそれらから 吸収性化合物との化学反応を非常に遅くします。

これに加えて、より持続的な堆積サイクルでのデガッシングの難しさがあり、これは非常にエネルギーを消費する可能性があります。 のようなDAC施設を構築する努力をしても水酸化カリウムや水酸化カルシウムを使用する場合など、効率や回収コストの面で依然として深刻な問題があり、新しい方法の探索が非常に急務となっています。

日本で開発されたシステムのCO2除去率は200%高速です

多くのDACシステムでは、空気が液体に泡立ち、二酸化炭素と化学反応を起こします。 反応が進行するにつれて、より多くの反応生成物が液体に蓄積し、その後の反応が徐々に遅くなります。

一方、日本の研究で提案されている液固相分離システムは、反応生成物が溶液を固体の形で残す理想的な解決策を提供します。 このようにして、液体中に生成物が蓄積することはなく、反応速度があまり遅くなることはありません。

チームはIPDAに注目し、その構造を変更して、約400 ppmから30%までの広範囲の大気中二酸化炭素濃度にわたって反応速度と効率を最適化しました。

彼らは、この化合物が空気中の二酸化炭素の99%を固体の沈殿したカルバミン酸に変換できることを発見しました。 溶液に分散した固体は、閉じ込められた二酸化炭素を完全に放出して元の液体を回収するために、60℃に加熱するだけで済みました。

このプロセスでは、二酸化炭素を除去できる速度は、主要なDACラボシステムの場合の少なくとも2倍であり、究極のCO回収システムとなっています。それらから 今日、世界最速。

チームの新技術は、DACシステムで前例のないパフォーマンスと堅牢性を約束し、大規模なCO2回収システムに広範囲にわたる影響を及ぼします。

あなたはすでに私たちの新しいビデオを見ましたか? youtube? 私たちのチャンネルを購読してください!

  • 世界で最も偉大な探偵

  • フランスの教育制度

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です