日本は中国が領海に侵入したと非難している

AA/イスタンブール

日本は火曜日、中国が東シナ海の尖閣諸島の領海に船を送ったとして非難した。

沿岸警備隊の関係者を引用した日本の公式NHK通信社は、尖閣諸島近くの領海に2隻の中国政府船が侵入したと報じた。

日本の当局者は、2隻の中国船が火曜日の午前4時10分(1910年月曜日GMT)頃にヨツリ島沖に侵入したと付け加えた。

彼らは、2隻の船が「その地域の日本の漁船に接近しようとしている」と説明した。

海上保安庁のパトロールは、2隻の中国船に「領海を直ちに離れるように」と促した。

グリニッジ標準時09:15の時点で、中国当局は日本の機関の報告についてコメントしていませんでした。

北京と東京は尖閣諸島をめぐる紛争に巻き込まれている。尖閣諸島は東京が管理しているが、北京は釣魚島と主張している。

当局は、中国の船が日本の領海に侵入したのは今年で11回目であると述べた。

日本の外務省は月曜日、声明の中で、北京は「東シナ海の紛争地域に新しいガス田施設を建設した」と述べた。

東京は中国大使館に抗議し、北京に「一方的な議題をやめる」よう促した。

共同通信によると、両国は2008年にこの地域でガス田を共同開発することで合意したが、船の衝突後、両国間の緊張が高まったため、2010年に交渉が保留された。

*WejdenJlassiによるアラビア語からの翻訳

アナドル通信社が内部放送システム(HAS)を介して加入者に放送する発表の一部のみが、AAWebサイトでまとめて放送されます。 登録はお問い合わせください。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。