日本は円安に立ち向かい、G7に対し通貨合意を再確認するよう求めています。

日本は他のG7諸国にグループの為替政策合意を再確認するよう促した、と鈴木俊一財務相は木曜日に言った、東京が円の下落のさらなる急激なリスクに警戒している兆候。

鈴木氏は、金曜日の2日間の会合の後に発表される声明の中で、7人のグループ(G7)の財務リーダーが東京の呼びかけに耳を傾けることを望んでいると述べた。

鈴木氏は、G7会合初日に出席した後、記者団に対し、「最近の通貨の動きは急速であり、為替政策に関するG7合意を再確認することが重要だと説明した」と述べた。

「また、日本は為替相場の動きに適切に対応し、G7加盟国と緊密に連絡を取り合うことを会議に伝えた」と彼は付け加えた。

円安が最近20年間で最低水準に下落したことで、日本の政策立案者は、すでに上昇している燃料と商品の輸入コストを押し上げたため、懸念が高まった。

鈴木氏は、先月ワシントンDCで開かれた前回のG7会合で、円安を「かなり早い」と呼んだときの要求と似ていると述べた。

G7先進国は、市場が為替レートを推進するべきであり、グループが通貨の動きを緊密に調整し、過度で無秩序な為替レートの動きが成長を妨げることに同意しました。

木曜日の円は、米ドルが大幅に下落する中、ドルに対して幾分回復したが、多くのアナリストは、ドルの下落傾向を支持するために、連邦準備制度理事会からの着実な上昇の見通しを期待している。

鈴木氏は、多くのG7金融指導者もインフレについて懸念を表明しており、暴走する価格上昇のリスクに対処する必要性について政策立案者の間で認識が高まっていることを指摘した。

ロイターが入手した声明草案の中で、G7の財務リーダーは、「最近のボラティリティを考慮して市場を引き続き注意深く監視する」と述べ、為替レートのコミットメントを繰り返した。

声明草案はまた、G7中央銀行は「物価圧力がインフレ期待に与える影響を注意深く監視し、データと明確なコミュニケーションに基づいて金融引き締めのペースを適切に調整し続ける」と述べています。 (レスリー・アドラー、野見山千津、デビッド・グレゴリオによる編集)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。