日本は北朝鮮のモデルに基づいて観光客に国境を開放します

タイ、ベトナム、インドネシアなどのアジアの大手観光国は外国人への扉を再開し、強制検疫を廃止しましたが、日本はマスツーリズムを再開するという考えによって麻痺したままです。 2019年に3200万人の行楽客を迎えた群島は、2020年4月以来1人の行楽客を受け入れていません。 当局は、国民、学生、および「見習い」からの旅行者にのみ、1日あたり10,000人の上限で入場を許可しています。 「アジア内協力プログラムへの参加。

他のG7諸国から指摘された岸田文雄政権は、火曜日に、「実験的」ベースでのみ、月末から何人かの訪問者を再び歓迎すると発表した。

トラベラー「モルモット」

承認された機関は、オーストラリア、タイ、シンガポール、米国の東京で選ばれた4か国から独占的に参加する、最大10人の少数の小グループを組織的な旅行に収容する権利しかありません。 これらの3回のワクチン接種と複数回の検査を受けた旅行者は、これらの検査に参加することに同意した15都道府県に限定された、非常に体系化された旅程に従う必要があります。 あなたは常にガイドによって世話をされます。 パンデミック前の北朝鮮政権と非常によく似た計画。

この「注意」を正当化するために、観光省は、より広い再開のために健康の枠組みを研究するために時間をかけたいと言います。 幹部は、コビッドに「うんざり」しているかもしれない外国人観光客の大量帰国が彼らの病院システムを「圧倒する」ことを恐れていると言います。

4月中、空港で国際線を降りるすべての人々を体系的にテストしている国は、外国人の間で1,468の陽性症例を特定しました。 それらは、同じ月に群島全体で特定された症例の…0.12%を占めていました。 「当局は分析的に問題に取り組んでいるのではなく、感情的に、そして彼らの人口の恐れに対応している」とエージェンシージャパンエクスペリエンスのエグゼクティブディレクターであるティエリーメインセントは説明する。

不審な集団

専門家にとって、保守的な幹部は、彼らの領土にいくらかの経済成長をもたらすであろう観光客の帰国に必ずしも敵対的ではないだろうが、夏と上院の投票がより開かれた開会を発表するのを待つだろう。 彼は、西側よりもはるかに危機を乗り越えたと感じている人々にとって、決定が不人気になることを知っています。

これまでのところ、日本は他の東アジア諸国と同様に、人口100万人あたりのCovid関連の死亡率がヨーロッパや米国で記録されている死亡率よりもはるかに低くなっています。 この比率は現在、日本では人口100万人あたり232人、シンガポールでは234人、台湾では40人であり、フランスでは人口100万人あたり2,045人が死亡しています。

公共放送NHKの世論調査では、住民の懸念が反映されており、3月には、回答者のわずか27%が国境管理の緩和を支持していることが示されました。 他の人々は、パンデミックの新たな波を避けるために、彼らを固めるか、現在の状態のままにすることを好みます。

目に見える再開はありません

「秋にワクチン接種を受けたすべての観光客が再開することを期待していますが、正確な日付は伝えられていません」とティエリー・メインセントは説明します。 「この分野の専門家は海外と日本の両方で本当に可視性を必要とし、この目的地に対する強い需要が常にあるので、それは残念です。」

国内総生産にわずか0.7%貢献しているにもかかわらず、外国人旅行者による支出は、特に京都のような人気のある観光地で多くの施設を支えてきました。 「パンデミックが始まって以来、市内の800のゲストハウスが閉鎖されました」とジャパンエクスペリエンスの責任者は述べています。 レストラン、バー、ホテルも苦しんでいます。 「しかし、これらはロビーのない静かな手です」と専門家は後悔しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。