日本は医学部を性差別で非難する

2022年5月19日、東京の順天堂大学は、女性の入学試験の基準を引き上げた後、性差別で有罪判決を受けました。 日本の学校制度はこれが初めてではありません。

2018年東京 順天堂大学は、医学部の選択テストを女性にとってより困難にするという課題に取り組んできましたそうするには 「男子学生との距離を縮める」。 そのような違いの理由は? 大学はそれを保証しました 女性は優れたコミュニケーションスキルを持っていた したがって、口頭面接では男性よりも有利になります。

医学部は5月19日に性差別罪で有罪判決を受け、13人の原告に支払うことを余儀なくされた 総額800万円または59,000ユーロ報告されたように、東京治安判事裁判所のスポークスマンを確認した フィガロ夫人

しかし、それは中途半端な勝利です。原告の弁護士によると 受け取った報酬は、最初に要求されたものの7分の1です。ほぼ40万ユーロであり、女性が耐えてきた感情的な混乱を考慮に入れていません。

13人の申立人は2011年から2018年の間に大学入試に合格しました。 成功基準が改ざんされていなければ、そのうちの2つは合格だったと裁判所は述べた。。 これらの若い女性は、2018年の州の調査で、医学部が男性候補者を支持するために試験を不正に行ったことが判明した後、有名な学校を訴えることを決定しました。

©JeshootsCom–スプラッシュを解除

これは日本のシステムでも例外ではありません

この非難は、日本の学校の中心で前例のない議論を引き起こします。 4年前、日本政府は調査を開始することを余儀なくされていました 東京医科大学が女性候補者の成績を改ざんしたことを認めたとき。 今回の動機は何でしたか? その女子学生は総労働力のわずか30%を占めています。 伝えられるところによると、この慣行は少なくとも2006年から行われています。

問題の大学の選考委員会は、この性別による差別を正当化するためにこれを説明しました 女性は、たとえ医者になったとしても、結婚して子供を産むためにキャリアをあきらめることがよくありました…

このニュースは当時の見出しになりました 文部省は、81の公立および私立学校の入学試験を検討していた。 当然のことながら: 法的に非難される手続きは、体の10の機関で明らかにされました。 そして4人の女性が公然と差別されました。 閣僚報告書の発行後、いくつかの法的措置が取られました。


また読む:

日本では、#MeTooが遅れて映画業界にやってくる

注目の画像:©Stephanie Hau – Unsplash

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です