日本は国境での入国制限をわずかに緩和しています

公開日:

日本は3月1日から、留学生や労働者に暫定的に国境を開放します。 観光客はまだ群島を訪問することを許可されていません。 パンデミックが始まって以来、日本はG7諸国の領土へのアクセスを規制する最も厳しい規則を採用してきました。 今日はそれを和らげることに満足しています。

東京の特派員と一緒に、 フレデリック・チャールズ

総理大臣 岸田文雄 部分的にのみビジネス界からの圧力に屈した。 現在の3,500人と比較して、群島への新規到着者の数は1日あたり5,000人に制限されています。 昨年11月、彼は初めて外国人訪問者の制限を緩和し、3週間後に新しいオミクロンの亜種が到着したときに彼らを一時停止しました。

日本のビジネス界はすでにこの減速、深刻な労働力不足に苦しんでいる日本企業によってアジアで採用された外国人ビジネスマン、学生、そして「インターン」の労働者のこの漸進的な流入を批判しています。

1月には合計40万人以上のビザ取得者が日本に入国するのを待っていました。 その中には、1年以上日本の大学を統合することに絶望している15万人の学生がいます。 それらのいくつかは最終的に韓国の大学のプログラムに従うことをあきらめました。

日本人の大多数は国境を開くことに反対しています。 それらの閉鎖は妨げられません 日本に入国するためのオミクロンバリアント。 80%がワクチン接種を受けており、この国はパンデミックから比較的免れています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。