日本は国境を再開していますが、厳格な規則があります

国境は再開されていますが、すべての人のためではなく、厳格な規則があります

政府は火曜日、日本を訪れる外国人観光客はマスクを着用し、民間の医療保険に加入し、滞在中は付き添いをしなければならない、と政府は火曜日に述べた。

観光庁(JTA)によると、6月10日からの再開の第一段階では、「パッケージツアー」の訪問者のみが入場できるとのことで、訪問者に同行する旅行代理店のツアーガイドは必ずマスクを着用する必要があると付け加えた。

「ツアーガイドは、ツアーのすべての段階で、マスクの着用や取り外しなど、必要な感染予防策をツアー参加者に頻繁に思い出させる必要があります」とJTAはガイドラインで述べています。 「屋外でも、人々が近くで会話している状況では、マスクの着用を継続する必要があります。」

日本は、パンデミックの際に世界で最も厳しい国境管理のいくつかを課し、ほとんどすべての非居住者の入国を禁じました。 世界中のほとんどの国がCOVIDの封鎖から抜け出すために開放しているとき、日本もその規則を緩和しています。 岸田文雄首相は、国境措置を他の富裕国の措置と整合させることを約束しました。

抑止できるルール

政府は最近、一般大衆向けのマスク着用ガイドラインの緩和を開始しましたが、これらの保護措置は普及しています。 コロナウイルスが流行する前は、日本では細菌の拡散を防ぎ、花粉を防ぐためにマスクを着用するのが一般的でした。

先月、日本は旅行代理店を中心に約50人のグループで「テストツアー」を開催しましたが、参加者の1人がCOVID陽性でした。

テスト旅行の1つに参加したオーストラリアのツアーオペレーターであるジェームズ・チャンは、規則が現時点で何人かの人々を延期するかもしれないと言いました。 「顧客は屋内でマスクを着用することができるが、24時間年中無休でマスクを着用するのは面倒だ」とチャン氏はロイターに語った。 「ツアーガイドを常に立ち会わせるコストは、クライアントがより柔軟になるまで、クライアントを思いとどまらせる可能性があります。」

2019年、日本は4.81兆円(362.8億米ドル)を費やした3,220万人の外国人観光客を迎えました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です