日本は小麦不足への取り組みを支援するためにチュニジアに100万ドルを寄付します

日本政府は、ロシア・ウクライナ戦争による小麦製品の不足と物価上昇の影響に耐えるチュニジアの能力を強化するために、100万米ドル(300万ディナールに相当)の寄付を行うことを決定しました。

水曜日にチュニジアの日本大使館が発表したプレスリリースによると、この寄付は、世界食糧計画(WFP)を通じて最も脆弱な人々に食糧援助を提供することを可能にし、カイルアン、カスリーヌ、シリアナの3つの県を対象としています。

したがって、WFPはチュニジア社会問題省が全国の食糧配給の改善を実施する能力を強化することを支援し、同じ情報筋は、この寄付が「アーメン社会」に登録された約7,500人の貧しい家族に利益をもたらすと述べています。恒久的な送金の恩恵を受けません。

この寄付は、先月のG7サミットで岸田文雄首相が発表した中東およびアフリカ諸国への日本の約2億米ドルの食料安全保障支援の具体化の一部です。

日本政府のこの決定は、「8月27日から28日にチュニスで開催されるTICAD 8を考慮して、北アフリカと中東地域の日本のパートナー国であるチュニジアとの友好と協力の関係をさらに強化することです。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。