日本は新しい光ファイバー速度の記録を樹立

私たちが目撃している技術の進歩により、データ伝送はより速くなる傾向があります。 今、日本は新しい光ファイバー速度の記録を打ち立てました。

印象的なローンチでは、1ペタバイトを超えました。

国立情報通信技術研究所(NTIC)は、毎秒1.02ペタバイトの新しい光ファイバー速度記録を打ち立てました。実際には、この速度により、毎秒8Kの解像度で最大1,000万チャネルの伝送が可能になります。 。 その数は318テラバイトで、2021年に達成された数をはるかに上回っています。

日本の技術は、今日の光ファイバーケーブルと同じジャケット直径を使用していますが、速度は大幅に高速です。

それが設定した速度は、2021年にNTICによって開発された技術のおかげで、現在は新記録です。 同じ技術で、それは以前に319テラバイトの速度に達しました。

このテクノロジーは、クアッドコア光ファイバーシステムで構成されています。つまり、従来のシングルコアケーブルの3倍の周波数を保証し、現在のインフラストラクチャと互換性のある速度を実現し、信頼性のリスクを回避します。

標準の4コアジャケット直径は、従来のケーブルインフラストラクチャと互換性があり、信頼性が期待されるため、高性能の長距離リンクに新しい空間分割多重化ファイバを早期に導入するのに魅力的です。 標準の光ファイバーシングルモードに機械的に匹敵します。

NTICはレポートで説明しています。

ICTエンジニアは、51.7 kmを超える光ファイバーケーブルで送信されるd3eの1.02ペタバイト/秒の速度を達成するために、WDMと呼ばれる技術を使用して波長を801チャネルに増やす必要がありました。 このようにして、2020年の14THzと比較して20THzの合計周波数を達成しました。これにより、エンジニアは毎秒0.61ペタバイトを達成しました。

また読む:

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。