日本は東シナ海での中国の掘削に抗議する

日本は、東シナ海の係争中のガス田での砂金掘りで非難された中国に対する公式の抗議を開始した。

日本の外務省は5月20日金曜日、東シナ海と重なる両国の排他的経済水域(EEZ)を含む地域に17の掘削プラットフォームを建設したとして北京を非難する東京の中国大使館に苦情を申し立てたと述べた。 「中国側が一方的にこれらの海域で開発を行っていることは非常に残念です」‘省は言った。 「排他的経済水域と大陸棚の境界は、東シナ海ではまだ定義されていません」彼は思い出した。

日本は、両国の海岸の正中線がそれぞれのEEZの境界を示していると考えています。 しかし、中国は、大陸棚やその他の海の特徴を考慮して、国境は日本の海岸に近いと判断しています。 2008年、東京と北京は、紛争地域のガス田を共同で開発し、一方的な探鉱を停止することに合意しました。 しかし、この協定の実施に関する交渉は2年後に中断され、再開されることはありませんでした。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です