日本は核監視の厳格なチェックを要求する

政府は脱炭素化を加速し、エネルギー自給率を向上させたいと考えており、プロジェクトによれば、原子力などの脱炭素化の影響が強いエネルギー源の使用がこれを達成するための重要な要素となる。

政策草案は岸田文雄首相のリーダーシップの下で最初に策定されたものであり、彼の政府の将来の政策を策定するための枠組みとして機能します。 火曜日の閣議決定後、可決される見込みです。

岸田氏がロンドン訪問中に、日本は自国や他国のロシアのエネルギーへの依存を減らすために原子炉を使用すると述べた後、約1ヶ月が経ちました。

政府が2030年までに2013年のレベルと比較して46%の炭素排出量を削減するという約束を果たすためには、世界で3番目に大きな経済が大規模な脱炭素化に着手しなければなりません。

岸田文雄は先月、炭素中立社会を実現するために必要な投資に資金を提供するために、推定20兆円(1,530億ドル)のグリーン移行債を発行する計画を概説しました。

同氏は、この目標を達成するためには、今後10年間で少なくとも150兆円の民間投資と公的投資が必要であると述べた。

($ 1 = 130.7100円)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です