日本は海流をエネルギーに利用したい

地球上の資源(石炭、石油など)が不足しています。 ただし、この欠陥を克服するために、多くの解決策が見つかる傾向があります。 これは、風力タービンや太陽集熱器などの他のツールが作成される方法です。 しかし、日本人はエネルギーを収穫するためのさらに良い考えを持っていました。

日本の状況

日本は現在残っています 再生不可能なエネルギーに大きく依存している 化石燃料のように。 それはさておき、 昇る太陽の国ではかなり複雑なテーマになっています。 実際、日本人はこのエネルギーを取り除こうとしています。 このトピックは、特に2011年の福島第一原発事故の後、世論ではなくなりました。 風力タービンはまだそこに設置するのが難しい 国の特定の地理的条件のため。 海面に浮かぶ太陽光発電や風力タービンも、天候や台風の脅威にさらされています。

クレジット:distelAPPArath / Pixabay

それは この複雑な接続 日本が使う新しいエネルギーを見つけようとしていること。 しかし 海流は非常に信頼できる可能性があるようです。 実際、日本は水に囲まれており、世界で最も強い黒潮流があり、特定の科学者にアイデアを与えるのに十分です。

無限のエネルギープロジェクト

海を手なずけることは容易ではありませんが、NEDO(新エネルギー産業技術開発機構)と協力して日本企業IHI株式会社の目標です。 このために、技術的な獣は海の流れを利用します。 この工芸品はカイリュウと呼ばれています。 マシンはで構成されています 長さ20メートルの3つの円筒形の構造。 変圧器/送信機はこの構造の中央に配置され、発電機は2つの11メートルの高さのタービンの横に配置されています。 したがって、私たちは立っています 実際の技術デモンストレーション。 また、海竜は、流れが最も強い方向を認識するために、なんとか外洋に身を置くことができます。 したがって、最大のエネルギーを得ることが可能です。

今だった 科学者たちは3年以上の間、この施設を海底でテストしてきました。 プロジェクトの進行を確実にするために柔らかくなります。 最後に、結果は、このプロジェクトが 本当に非常に有望です 日本人のために。

非常に有望な最初の結果

この機械は大きな可能性を秘めています。 研究者はそれを達成できると信じています 205ギガワットのエネルギー収量日本が現在生産しているもの。 このタイプの構造物を設置するための環境は依然として困難ですが、科学者は自信を持って目標を達成できると信じています。 弱い電流で この装置はすでに合計100キロワットを生産することに成功しています。 3.6メガワットの風力タービンと比較すると、それはまだ非常に少ないです。 しかし、黒潮の海流の力を知っていれば、それは非常に有望です。 別の大きな利点を無視してはなりません。このエネルギーは無尽蔵であり、将来的には非常に安定することが約束されています。

ですから、私たちは非常に興味深いプロジェクトの始まりに過ぎません。 まだまだ克服すべき課題はたくさんありますが、このマシンは確かに日の目を見るものであり、日本にとって大きなメリットとなるでしょう。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。