日本は省庁職員を北京に派遣しない

日本政府は、米国を含むいくつかの西側諸国によって決定された外交ボイコットを受けて、12月24日金曜日に発表された北京での2月の冬季オリンピックに閣僚を派遣しない。 後者は、受入国が人権を尊重していないと非難している。

日本政府のスポークスマン、松野博一氏はこの決定をボイコットと呼ぶことを避けたが、日本に語った 「政府関係者を派遣しない惑星」 中国の冬季オリンピックで。

「日本は、自由、人権、法の支配などの国際社会の共通の価値観が中国でも尊重されることが重要であると考えています。」

日本政府報道官松野博一

一方、東京オリンピック組織委員会の橋本聖子委員長と日本オリンピック委員会の山下泰裕委員長が同行するという。 橋本さんは北京に行きます 「東京オリンピックを支えてくれた選手たちに感謝と敬意を表する」 去年の夏に行われたと彼は付け加えた。

その後、日本はその決定を下しました 「徹底的な検討」 質問。 これは、米国、英国、オーストラリア、カナダが今月、中国の人々による人権侵害を非難するための北京冬季オリンピックの外交ボイコット(2022年2月4日から20日)を発表した後のことです。

中国は、アスリートを試合に出場させるが、役員は出さないこれらの西側4カ国に彼らが支払うことを警告した。 「彼らの不幸の代償」計画された報復を指定せずに。

東京のスポークスマンは金曜日にこれを指摘した 「日本政府は、日本の存在に関して特定の用語を使用する意図はありませんでした」 中国の冬季オリンピックで。 そして彼は、米国政府の発表には「外交ボイコット」というフレーズが含まれていなかったと述べた。

コロナウイルスのために1年延期された東京2020大会の開催国である日本は、2つの主要な貿易相手国である米国と中国の間の微妙な外交的立場にあります。 国はまだその立場を発表していませんでした。

別の米国の同盟国である韓国は先週、中国との協力を継続する必要性を理由に、外交的にゲームをボイコットしないと発表した。 ロシアは、その一部として、「外交ボイコット」をオリンピックを政治化する試みと見なし、ウラジーミル・プーチン大統領が冬季オリンピックのために北京に旅行することを確認した。

国際オリンピック委員会(IOC)はそれを参照しました “中立” メリットについては、コメントを控えた 「純粋に政治的な決定」 そして、スポーツのボイコットがないことに特に満足しています。

人権団体によると、少なくとも百万人のウイグル人と他のトルコの少数派、主にイスラム教徒が新疆のキャンプで拘束されている。 中国は、女性を強制的に不妊手術し、強制労働を課していると非難されています。 米国はこの問題について「ジェノサイド」を非難している。 北京は、キャンプは実際には過激化に対抗するための「職業訓練センター」であると言います。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です