日本は自国でのメモリ生産を促進するために投資する

日本は、韓国と台湾の近隣諸国、および米国企業の支援を求めて、自国での半導体生産を発展させています。 日本の西村康稔通商大臣は、広島(太平洋の南)の工場でメモリチップを製造するプロジェクトを支援するために、米国マイクロンが最大466億円(約3億2200万ドル)の補助金を授与されると発表した。

述べたように AP通信、この発表は、米国のカマラ・ハリス副大統領の日本訪問に続くものです。 両国は、主要部品のサプライチェーンをサポートし、主要な半導体の生産を増やすための協力を強化しようとしています。

同じカテゴリーで

Tiktokは収入を増やすことでクリエイターを引き付けます

この奨学金を発表する際に、西村康稔が説明した立場は次のとおりです。 この協定が、半導体分野における日米間の協力の発展に貢献することを願っています。 彼は、この取引は日本の経済安全保障法の下で承認されたと述べた。 この契約 ” 投資を象徴し、両国の経済とサプライチェーンを結びつける と、駐日米国大使は指摘した。 ” そして、それは将来的に加速するだけです “、 彼が追加した。

米国は日本と手を取り合っています…しかしそれだけではありません

この日米共通のビジョンは、経済的、政治的に中国との緊張が続く中、日本、韓国、台湾との技術協力を強化する米国の取り組みに続くものです。

一方、Micron は、日本政府が発表した補助金は、同社の製造能力を高め、DRAM の開発を加速するのに役立つだろうと述べた。DRAM は、データセンターにとって特に重要なメモリーチップの一種である。 アメリカの巨人はまた、この投資は AI 研究に貢献し、5G ネットワークの改善にも使用されると述べました。

日本は Micron のサポートに満足していないことに注意してください。 日本の当局は、TSMC、ソニー、デンソーが共同で管理する新しい工場を建設するために、すでに33億ドルを約束しています。 日本はまた、別の製造施設のために 6 億 4,400 万ドルの予算を立てました。今回は Western Digital と Kioxia によって建設されました。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です