日本は(本当に)アフリカで差別化要因を見つけたのだろうか?

「人間中心のアプローチ」「人を第一に」「人への投資」…これは、日本が今後 3 年間にわたってアフリカ大陸との経済協力に与える側面である、と岸田文雄首相は、2018 年 12 月に開催された第 8 回アフリカ開発会議 (TICAD-8) で事実上演説した。 8月27日から28日までのチュニス。 「日本は、アフリカのオーナーシップに基づき、アフリカの開発をしっかりと支援していきます。 […]日本が成長と分配の好循環を通じて、アフリカが目指すレジリエントなアフリカの実現に貢献できることを願っています。」彼は、貢献する彼の国の意欲を強調して言った 「質の高い成長」 大陸から。

この期間中、日本は 300 億ドルを投資する予定です。 今日の視点から見ると、この封筒の配布スキームはほとんど古典的です: グリーン成長、新興企業の資金調達、健康、デジタル変化、戦後のウクライナの食糧危機…東京は銀行アフリカ開発銀行とも提携しています ( AfDB) への最大 50 億ドルの協調融資「アフリカの人々の生活を改善するために」 特に参加を通じて 「健全な債務管理につながる改革を進めます」.

3 年間で 300,000 人の専門家がトレーニングを受けました

日本がアフリカとのより緊密な経済協力を求めているもう一つの分野は、 「人材育成」定量化された約束で。 「今後3年間で、産業、健康、医療、教育、農業、司法、政府など、さまざまな分野で30万人以上の専門家を訓練するよう努めます。」岸田文夫氏は、ガーナの野口医学研究所やアフリカの若者のためのビジネス教育イニシアティブ(ABEイニシアティブ)など、この分野での日本の成果の例を挙げて述べました。

アフリカからの 38 カ国を含む 48 カ国が参加したこの大規模な 2 日間の博覧会の終わりに、日本とアフリカの関係者は満足を示しました。国連でのアフリカ。

中国との永遠のライバル関係

基本的に、日本政府の演説は、他の世界の大国、この場合は中国との差別化を図りたいという日本政府の願望を明らかにしています。 現地メディアでのTICADの扱いに関しては、十分に文書化されている事実です。 「日本の首相は、中国とロシアが間近に迫る中、今後3年間でアフリカに300億ドルを約束する」日本の報道機関の見出し 共同通信 新しい日本の戦略について通知し、後者を示す 「人的資本に投資し、中国とロシアが影響力を行使する大陸で質の高い成長を促進することに重点を置いた」. この記事は、いくつかの地元メディアによって逐語的に取り上げられました。

日本が人的資本に重点を置いていることは、アフリカ市場での競合他社との差別化を図る方法を見つけたのだろうか? 中国人は、さまざまなプロジェクトのために専門家を輸入することで技術移転の扉を閉ざしているとしばしば非難されているのだろうか? ” わからない “説明した LTA 数年間日本人と緊密に協力した国際公務員。 「経済成長のための人的資本を開発したい場合は、産業の発展に使用される最先端の知識を習得できる大学の創設に投資します。」 と彼は信じている。

東京が勢いをつけたい「古い」ニッチ

それらは今や世界の経済外交の古典となっていますが、世界の大国とアフリカ大陸との間の主要なサミットは、1993 年に東京で開催された TICAD から始まりました。 最初は政治と外交がすべてでした。 2013年から会議をビジネスプラットフォームに変えたのは安倍晋三元首相でした。 アフリカ諸国との経済関係を強化するための首脳会談のアイデアからインスピレーションを得た競合国に追い抜かれ、日本は常に中国と競争したいという願望を背景に、方向転換を図っています。

商業レベルでは、「日出ずる国」は 2021 年にアフリカとの貿易で 235 億ドルを占め、前年から 74% 増加しています。 2021 年に中国とインドがそれぞれ 2,540 億ドルと 895 億ドルをアフリカ大陸と取引した場合、アフリカ大陸で 6 番目に大きな経済パートナーとなる数字です。 職業訓練のニッチで長い間(より簡単に)ナビゲートしてきました。

「日本は中国のアフリカへの支出に太刀打ちできないため、量よりも供給の質を重視している。 東京都は、地元の技術者や職員が建設に関与し、道路やその他の施設を維持するための訓練を受けているため、インフラはより強力で耐久性があると主張している. したがって、日本のアプローチは、品質、人材育成、現地採用に基づいて差別化されたサービスを提供することです。」フランス国際関係研究所(IFRI)の研究者であり日本に関する専門家であるセリーヌ・パジョンは、2014年に発行された28ページのノートで説明しています。 「アフリカにおける日本の経済外交」.

「日本人は自分たちが習得した技術の一部でも喜んで移転するつもりですか? »

日本が8年後の訓練である程度の成功を収めたと主張する場合、一部の専門家は結果がより良いかもしれないと信じています。 「いくつかのプロファイルを持つだけではありません。 アフリカが発展するためには、化学、自動車、製造、農業、建築などの優れた技術者が必要です。 しかし、日本はこの方向で私たちを助ける準備ができていますか? 次のように付け加える前に、国際役員に質問します。

「グリーンテクノロジーに関しては、日本人は世界一です。 彼らはこれらの技術の一部でもアフリカに移転する気があるのだろうか? それはすべてこれについてです。 アフリカのすべてのパートナーはさまざまな分野で優れていますが、これまでのところ、アフリカ大陸はこれらの分野で能力を構築するのに苦労しています. アメリカにある日系企業では、従業員のほとんどがアメリカ人です。 私たちはアフリカでそれを達成しなければなりません。 この大陸の人的資本問題の解決策は、アフリカが開発するために必要な多様なスキルを教育する大学の創設にあります。」

日本の岸田文夫首相は、ネルソン・マンデラの言葉を引用して、大陸とともに課題に取り組む意欲を表明した。 「登るべき丘がまだたくさんあることがわかりました。 日本はアフリカと共にその丘を登ろうと努力しています。」

世界の大国に求愛され、そのたびにアフリカの可能性を思い起こさせるこの大陸は、大国間の競争の土壌となっています – 日本と中国、フランスとロシア、アメリカと中国、西ロシア…まだ控えめ。 アフリカ市場で経済戦争が激化する中、多くのオブザーバーは、この状況がアフリカ諸国が真の問題を交渉のテーブルに持ち込む機会を提供すると信じています。

記事は 2022 年 9 月 3 日午前 11 時 8 分に更新されました。