日本は2年間で地元人口の95%を5Gでカバーすることを目指しています:レポート

日本政府は、5Gカバレッジを改善するために、追加の5Gスペクトルをローカルオペレーターに割り当てる予定です。

日本政府は、今後2年間で、国内の5Gサービスの可用性を3倍にすることを目指していると日本の報道機関は報じています。

地元のテレビ局 NHKワールド 政府の計画は2024年3月までに日本の人口の95%をカバーすることであると言いました。

広告

日本の携帯電話事業者は、2020年の5Gの展開以来、都市部でのネットワークの拡大を優先してきましたが、人口の30%だけが新しいテクノロジーにアクセスできます。

通信局は地元の通信会社と協議しており、2023年度末までに95%、2025年度までに97%、2030年度までに99%のカバレッジを達成するという目標を設定しています。

「5Gの可用性を急速に拡大することが不可欠です。 できるだけ多くの人に利益をもたらすために、5G技術に必要な枠組みを迅速に作成する」と語った。

報告書によると、日本政府は5Gカバレッジを改善するために、追加の5Gスペクトルを事業者に割り当てる予定です。 政府はまた、日本の山岳地帯や離島に基地局を設置するための補助金を提供する予定です。

先月、日本の航空会社NTTドコモはそれが期待していたと言った 加速する 競合する通信事業者も日本全土で5Gを急速に展開しているため、国内での5Gの拡大のペース。 NTTドコモは、2024年3月までに日本の人口の90%をカバーすることを目指しており、以前の目標であった80%から増加しています。

ライバルの通信事業者であるKDDIは、4月から始まる会計年度の初めまでに90%のカバレッジに達する可能性が高いと述べたが、ソフトバンクは来春に目標を達成すると述べている。

NTTドコモは2020年に日本で最初に5Gサービスを開始しました。

昨年、NTTドコモは5Gネットワ​​ークソリューションプロバイダーとしてSamsungを選択しました。 サムスンは、オペレーターによるOpenRAN開発の次のフェーズを具体的にサポートします。

また、2021年には、NTTドコモとJTowerが、インフラ共有の分野での連携強化を目的として、資本・業務提携を締結したことを発表しました。

同盟の一環として、ドコモは日本電信電話株式会社(NTT)が保有するJTowerの株式の一部を取得し、将来的に議決権の2.5%を保有する株主となる予定です。

NTTドコモは、2016年にJTowerの4Gネットワ​​ーク向けインフラ共有ソリューションの利用を開始し、全国に展開しています。 また、2020年10月にJTowerが東京都に5Gインフラ共有ソリューションとして日本初の5Gインフラソリューションとして5G IBSを導入し、東京の西新宿エリアにもスマートポールの設置を開始しました。使用する。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。