日本は2月末まで国境制限を延長している

日本は1月11日火曜日に、ほとんどの外国人の土壌への立ち入りを禁止する制限を2月末まで延長し、オミクロンの亜種と戦うために集団予防接種センターを再開すると発表した。

「」国境管理措置は、人的観点から必要な措置を講じ、国益を考慮し、2月末まで継続していきます。岸田文雄首相は記者団に語った。

厳格な措置が検討されています

地元メディアは、これらの厳格な措置の例外は、日本人家族を持つ外国人または留学生に対して考慮されると報告したが、火曜日には公式発表は行われなかった。 岸田文雄氏によると、政府はまた、自衛隊が運営する予防接種クリニックを再開し、ブースター効果の投与をスピードアップするために、地域社会に独自の大規模な予防接種センターを再開するよう要請する。 日本は、検疫期間や領土に入るすべての人に対する頻繁な検査を含む、国境での抜本的な管理措置を導入しました。

しかし、これらの努力はオミクロンの亜種の蔓延を止めておらず、毎日記録される症例数は大幅に増加しています。 全国レベルでは、先週の週平均は10倍に増加しました。 「」オミクロンの亜種はそれほど重症ではないと言われていますが、感染の総数が増えると、重症の症例も増え、病院のシステムに圧力がかかります。岸田は警戒を続けるよう人々に警告し、促した。

この問題に関する日本の規制の対象ではない、この問題に関する日本の規制の対象ではない、群島に存在するアメリカ軍の健康制限も、東京からの圧力の下で、アメリカの指揮によって月曜日から厳しくされています。 いくつかの地元の日本の当局者は、米軍基地が日本のコロナウイルスの新しい波の主な原因であると信じています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です