日本は2019年以来初めて3人の死刑囚を処刑した

日本は、2019年12月以来初めて12月21日火曜日に3人の死刑囚を処刑し、岸田文雄首相が10月初旬に政権を握った。

彼らは、2004年に7人の家族と隣人をハンマーとナイフで殺害した罪で有罪判決を受けた65歳の男性であり、2003年に二重殺人で有罪判決を受けた54歳と44歳の2人の男性であると彼女は明らかにした。

日本での最後の死刑執行は2019年12月で、2003年に中国南西部で同じ家族の4人のメンバーを殺害したとして有罪判決を受けた中国人男性の死刑執行でした。 日本は、東京の地下鉄に対する1995年のサリンガス攻撃に関与したオウム派の13人のメンバーを含む、2019年に3人、2018年に15人の有罪判決を執行した。

海外、特に人権団体からの批判にもかかわらず、死刑に対する日本の国民の支持は依然として強い。 木原誠二副事務総長は、火曜日の記者会見で、「死刑を支持すべきかどうかは、日本の刑事司法制度の基本に影響を与える重大な問題だ」と述べた。

「傷つくだろう」

火曜日の死刑執行は、警察が容疑者の名前を公表した大阪(西)の精神病院で25人が死亡した火事の数日後に行われたが、犯罪捜査はまだ正式に開始されていない。

現在、日本には死刑判決を受けた受刑者が100人以上おり、判決から死刑執行までには通常長い年月がかかりますが、通常、死刑執行の数時間前まで通知されません。 11月初旬、死刑囚2人が日本政府に対して訴訟を起こし、精神障害の原因であると彼らが言うこの慣行を違法であると非難した。

日本で死刑が科されると、手錠をかけられ目隠しされた囚人は、隣接する部屋の壁に取り付けられた3つのボタンの1つによって作動するメカニズムによって、足の下に開くトラップドアに導かれます。どちらが現在アクティブであるかを知らない3人の警備員によって同時に嫌がらせを受けました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。