日本は2024年の東京E-Prを望んでいる

日本はフォーミュラE世界選手権の開催に向けて最初の積極的な一歩を踏み出し、東京都は東京でレースを開催することに合意した.

小池百合子東京都知事とフォーミュラEのジェイミー・リーグルCEOは、東京都庁での覚書の公式調印式で会談した。 この契約に基づき、東京市当局とフォーミュラEは協力して、2024年春に東京でレースを開催する予定であり、FIAの承認を条件として、日本最大の国際展示場である東京ビッグサイト周辺で開催される。

2024年東京の路上でフォーミュラE?

東京都は、ゼロ・エミッション東京(CO2を排出しない環境先進都市)の実現に向け、ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)の普及に取り組んでおり、フォーミュラEは東京都と連携してZEV戦略を推進します。

「小池都知事とともに、東京都とフォーミュラEの協力関係を発表できることを嬉しく光栄に思います。

「東京のゼロエミッションへの取り組みを支援するために、2024年に東京でフォーミュラEレースを開催することに向けて協力していきます。 東京は象徴的なグローバル都市であり、消費者向けテクノロジーのイノベーター、自動車業界のリーダー、そして世界的な文化的トレンドセッターとして認識されています。 フォーミュラEは東京都と提携して、東京都をゼロエミッションイニシアチブのベンチマークにすることに興奮しています。」

日産はフォーミュラE(Gen3)の新時代にいち早く参入した企業の1つであり、12月にバレンシアでテストが開始され、1月14日にメキシコシティでシーズン9が開幕する。

日本チームのゼネラル マネージャーであるトマソ ヴォルペは、シーズン 10 から初めて日本がスケジュールに参加するのを見て、チームの興奮を表明しました。

「東京都とフォーミュラEによるこの発表を非常にうれしく思います。チャンピオンシップに参戦する最初の日本のメーカーとして、2024年に東京でE-Prixを開催したいと考えています。 今年初めに e.dams を買収して以来、今シーズンは初めての単一チームでのレースであり、市場の国で独自のレーシング チームとレースをする機会を楽しみにしています。」

来シーズンの計画スケジュールは現在、2023 年 1 月から 7 月までの間に世界の 13 都市のストリート サーキットで 18 レー​​スが予定されており、今シーズンは 10 都市で 16 レースという過去の記録を破り、この分野の最長シーズンとなっています。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です