日本は398人のロシア人と28の組織に制裁を課している

AA/東京

日本は火曜日に、398人のロシア人と28の組織の資産を凍結することを決定しました。 制裁の中には、ウラジーミルプチン大統領の2人の娘がいます。

岸田文雄首相の政府によって承認された新しい制裁は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相の妻にも影響を及ぼしました。

岸田政府はまた、日本企業と市民がロシアに新たに投資することを禁止する。

記者会見で、日本の松野博一首相は、ロシアとウクライナの間の戦争が激化するのを防ぎ、できるだけ早く停戦を確実にするために、モスクワに厳しい制裁を課す必要性を強調した。

2月24日、ロシアはウクライナで戦争を開始し、それが激しい国際的反応とモスクワへの「厳しい」経済制裁および財政制裁の賦課を引き起こした。

戦争を終わらせるために、ロシアはウクライナが軍隊に加わり、完全な中立を維持したいという願望を放棄することを要求している。それはキーウが「その主権への干渉」と見なしている。

*MounirBennourによるアラビア語からの翻訳

アナドル通信社が内部放送システム(HAS)を介して加入者に送信するアナドルの一部のみが、AAWebサイトでまとめて放送されます。 登録はお問い合わせください。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。