日本もインフレの影響を受けているが、ヨーロッパほど影響を受けていない

日本はまだヨーロッパの水準には程遠いですが、インフレはそこにあります。 ” 9月20日火曜日に発表されたデータによると、日本の消費者物価インフレ率は8月に前年比2.8%(生鮮食品を除く)に達し、これを背景に2014年10月以来の高値となった エネルギー価格の上昇. 2014年に物価が消費増税によって人為的に高騰した時期を除けば、8月のインフレ率は実際には1991年以来日本で最高だった. . エネルギーを除くと、インフレ率はより緩やか(1.6%)でしたが、他の製品、特に食品の価格が上昇したため、7 月よりも強くなりました。 ” 説明する ル フィガロ.

ヨーロッパで最も成績の良い国の 1 つであるフランスでは、8 月の前年比インフレ率は 6 ポイント近くになりました。 非常に緊迫した国際情勢にもかかわらず、日本が激動の域に達していないという兆候です。 しかし、政策の観点からは、調整が発表されておらず、企業が通貨の切り下げに苦しんでいるため、当局は圧力を受けています。 しかし、これらの統計は、木曜日に金融政策の決定が予定されている日本銀行 (BoJ) をすぐに動かす可能性は低いです。 日銀は、他の主要な世界の中央銀行とは異なり、金利をゼロ近くに維持し続けています。これは、特にドルに対して円が数か月間下落した原因となっています。 日銀は、4月以降、生鮮食品を除く2%のインフレ目標を達成しているにもかかわらず、日本はまだ金融引き締めの機が熟していないと考えている フランスの日刊紙は説明します。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。