日本・アルジェリア:協力メニューの再生可能エネルギー

エネルギー移行・再生可能エネルギー大臣の Benattou Ziane は水曜日、アルジェで国際協力機構 (JICA) の辻井亮代表を迎え、再生可能エネルギー分野における技術協力とパートナーシップの機会について話し合った (EnR )とエネルギー効率は、今週木曜日に当局に報告されました。

ジアン大臣はこの会議で、エネルギー移行と再生可能エネルギーとエネルギー管理プログラムの開発のための国家戦略を中心に展開する彼のセクターの活動プログラムを発表した、と同じ情報源は付け加えた.

議論はまた、2030年までに15,000 MWを想定する再生可能エネルギー拡大プログラムの開発にも焦点を当てました。

議論はまた、アルジェリアの領土全体に広がり、国内外の投資家を対象とした太陽光発電所の建設のための投資家のための入札のプロジェクトに関するものでした。

辻井氏は、JICA レベルのプロジェクト形成コンサルタントである宇佐美聡子氏を伴って、技術支援とトレーニングに関する機関のビジョンを発表しました。

また、JICA の脱炭素化政策の経験を紹介し、この文脈の中で、「協力分野の確立と、建築物を再開するための専門知識と能力の相互交換を通じて、アルジェリアとの再生可能エネルギーとエネルギー移行の分野での機関の利用可能性、協力」を表現しました。 .

双方は、JICAが提案する2023年の技術協力プログラムを通じて二国間協力を強化する意思を表明した。

会議の終わりに、両当事者は、再生可能エネルギーと持続可能な開発の分野における協力の分野を技術的かつ具体的に特定するための議論を継続することに合意しました。

APS

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。