日本企業のシオノギは、パートナーのスキャンダルの後、ベトナムでCOVIDプロジェクトを継続すると述べています

11月に政府とAdvancedInternationalJoint Stock Co.(AIC)との同意書に続いて、シオノギはベトナムで実験的なCOVIDワクチンと経口治療の試験を進めています。

ベトナムのグエン・タイン・ロング保健相は、COVID検査の価格を誤って高騰させたために彼のポストから削除された後、火曜日に逮捕されました。

伝えられるところによると、AICのグエンティタンナン大統領は、ベトナム当局が4月下旬に病院プロジェクトの入札規則に違反したとしてベトナムを逃亡した。

塩野義製薬は声明のなかで、「今回の事件について懸念しているが、これはAIC自身が犯した犯罪ではなく、事件自体が捜査中であることを理解している」と述べた。

「今のところ、ベトナム保健省の指導の下、関連する法規制に従い、AIC、ORC(委託研究機関)などと協力して開発を続けていきます。」

シオノギのCOVIDワクチンと経口治療はまだ承認されておらず、日本の症例数の減少により、候補者の有効性をテストすることが難しくなっています。 5月の企業発表によると、ワクチンの試験は12月にベトナムで開始され、ピルの試験はベトナムと韓国で進行中です。

AICはコメントの要求に応答しませんでした。 ロング元保健大臣からの電話は無回答でした。 AICのナンの所在は不明ですが、彼女はヨーロッパにいる疑いがあります。

保健省によると、パンデミックが始まって以来、ベトナムは1,070万人のCOVID-19感染を記録し、43,000人が死亡しています。

政府のデータによると、この国は9,800万人の住民に2億2,225万回のワクチン接種を行っています。 成人人口のほぼ全員が少なくとも3回ワクチン接種を受けています。

ベトナム政府の事情に詳しい人は、シオノギと政府の間の合意は死んでいるようだと言った。

「彼らが署名したのは単なる意図の手紙であり、拘束力のある合意ではなかった」と名前を挙げられないように求めた人は言った。 「COVIDももうすぐ終わります。」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です