日本企業の三井住友は、規制に違反したとして行政命令を受けました。

日本の金融規制当局は金曜日、三井住友フィナンシャル グループ (SMFG) に対して、同グループの銀行および証券部門がグループ内情報に関するファイアウォール規則に違反した後、コンプライアンスを改善するための措置を策定するよう命じた。

日本で 2 番目に大きい金融グループに対する金融庁の命令は、同じ金融グループ内の銀行と譲渡可能な証券との間の顧客情報の共有を制限する規則のさらなる規制を求める銀行業界のロビー活動を妨げる可能性があります。

SMFG バンキング アンド セキュリティーズ サービスは、買収提案や合併を含む潜在的な取引に関連して、複数の法人顧客の同意なしに機密情報を開示したことが判明しました。

日本の 3 大金融グループは、それぞれが銀行部門と証券部門を所有しており、1993 年に導入され、現在は廃止されている米国のグラススティーガル法をモデルにしたファイアウォール規則を緩和するよう政府に要求し、日本の市場支配力を悪用して銀行の交渉を阻止しています。 彼らは、これらのルールは時代遅れであり、グローバルな競争力を損なうと主張しています.

しかし、野村ホールディングスや大和証券グループなどの独立系証券グループは、ファイアウォールのルールがない大規模な経済圏では、代わりにプライバシー規制が厳しくなっていると述べています。 彼らはまた、銀行融資が企業への資金調達の主要な方法であるため、銀行がその立場を悪用するリスクは日本でより高いと述べています。

SMFG では、証券取引委員会が SMFG の証券部門である SMBC 日興証券での市場操作のケースを調査しているときに違反が発覚しました。

SMBC 日興証券と 6 人の元幹部は、市場で 10 株の個別株を購入し、価格を高騰させ、それらの株の大量取引が無駄にならないようにするために、市場操作の罪で起訴されました。

エンティティは金曜日にブロック取引活動を3か月間停止し、コンプライアンスを改善するよう命じられました.

スキャンダルの前に、SMBC 日興は、年間取引収益の約 5% を占めるブロック取引活動を既に停止していました。 (取材・山崎真紀子、編集・エドモンド・クラマン、クリストファー・クッシング)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です