日本企業の矢崎総業は2023年までに自動車機器の生産施設を建設する

(エコフィンエージェンシー)-OICAによると、エジプトはアフリカで3番目に大きい自動車メーカーですが、その能力はまだ十分に活用されていません。 内部の赤字を補い、製品を他の市場に輸出するために、カイロは主要な国際的ブランドとの契約を強化しています。

日本の自動車サプライヤー矢崎はエジプトに工場を建設している。 この発表は、4月5日火曜日に国営報道機関が発表した声明の中でエジプト当局によって行われた。

新しい工場は、投資家を引き付けるためにファラオの土地によって設定された排他的なフリーゾーンシステム内のファイユームに建設されます。 60,000m²の面積で、「 車のワイヤーやケーブルなどの特定の自動車部品 「、その生産は2023年に開始される予定です。

この新しい投資プログラムは、アブデルファッタアルシシ大統領の政府が数年間確立しようとしてきたエジプト経済の産業構造を強化するための論理の一部です。

国際自動車工業連合会(OICA)によると、エジプトは2021年にアフリカ大陸で3番目に大きな自動車生産国でした。 しかし、今年は23,754台しか生産されておらず、市場の可能性は十分に活用されておらず、アフリカの自動車大手南アフリカ(2021年に生産された499,087台)とモロッコ(403,007台)に大きく遅れをとっています。

新矢崎工場は、生産設備の供給を改善するとともに、他市場への輸出も可能にすることで、同国の自動車製造能力を強化することが期待されています。

「」 同社は日本の最先端技術を使用するため、プラントの輸出額は年間1億ユーロに達すると予想されています。 これにより、自動車産業の地域投資センターになります ‘エジプト当局は言う。 最終的に、インフラストラクチャは3,000の直接ジョブを提供する必要があります。

念のため、日本企業は数年前からすでにエジプト市場に関心を示し始めていました。 2019年、日産の会社で自動車メーカーのEl Nasr Automotive Manufacturingは、年間10万台の自動車を現地で生産することを目標に合意に署名しました。

Moutiou Adjibi Nourou

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です