日本企業の43%がロシアでの事業を停止

AA/東京

ロシアがウクライナに対して解き放った戦争のため、日本企業の43%が2月末に同国での事業を停止しました。

日本の対外貿易機関であるジェトロは、モスクワに課せられた経済制裁の影響により、戦後、日本企業の43%がロシアでの事業を停止したと述べた。

JETROはまた、国内の企業の44%が、今後12か月以内に操業を停止するかロシア市場から撤退すると予想されていると述べた。

ジェトロの専門家である下八代まなぶ氏は、ロシアの自国通貨であるルーブルの切り下げを受けて、ロシアの個人購買力が低下したと語った。

マナブ氏は、日本企業がロシア市場に対する「前向きな認識」を取り戻すには時間がかかると説明した。

ロシアで活動している日本企業の数は昨年2月に347社に達した。

2月24日、ロシアはウクライナで戦争を開始し、それが激しい国際的反応とモスクワへの「厳しい」経済制裁および財政制裁の賦課を引き起こした。

戦争を終わらせるために、ロシアはウクライナが北大西洋条約機構(NATO)を含むあらゆる軍事組織に加わることのすべてのヒントを捨て、キーウが「その主権への干渉」と見なす完全な中立を維持することを要求している。

*MounirBennourによるアラビア語からの翻訳。

アナドル通信社が内部放送システム(HAS)を介して加入者に送信するアナドルの一部のみが、AAWebサイトでまとめて放送されます。 登録はお問い合わせください。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です