日本企業は円安の悪化に不意を突かれる可能性がある

今年の円安はここ数週間で加速しており、家庭は食料品から燃料まであらゆるコストの上昇に直面している。 急速な減少は、大企業や政策立案者の間でも懸念を引き起こし、企業が将来の計画を立てることを困難にしています。

通貨は年初からドルに対して約 20% 下落し、先週は 145 円弱の 24 年ぶりの安値を記録しました。 日米金利差の拡大により、円はドルに対して重くのしかかっていた。

自動車メーカーの関係者は匿名を条件に、「円安が急速に進み、企業統治に大きな影響を与えている」と書いた。

8 月 31 日から 9 月 9 日までの調査期間中、円は 1 ドルに対して 138 円から 145 円の範囲で取引されました。

調査は、日本の当局が今週、通貨の急激な下落に満足しておらず、それをサポートするために介入する準備をしているように見えることを明らかにする前に行われた. 円は水曜日にドルに対して 143.62 で取引されていました。

チップに使われる工業用セラミックスメーカーの関係者は、「経済成長を支え、原材料の供給コストを賄うために、緩やかな円高が望ましい」と書いた。

年末までのドルに対する円の予想を尋ねたところ、企業の 45% (過半数) が 136 ~ 140 と回答し、131 ~ 135 と回答した企業は 28% でした。

約 11% が 126-130 と回答し、3% が 120-125 と回答しました。 141からさらに下落すると考えているのはわずか13%で、通貨が再び下落した場合、多くの企業が問題に直面する可能性があります。

また、緩やかな円高を望む回答者が過半数を占め、緩やかな円安を望む者は28%でした。

インカミング・ツーリズム

これまでのところ、日本は円安の大きな潜在的利益であるインバウンド観光を十分に活用できていません。 厳格な国境管理のおかげで、世界第 3 位の経済大国であるにもかかわらず、外国人観光客はまだほんの少ししか訪れません。

今月、岸田文夫首相は日本への入国制限を1日5万人に引き上げ、政府は現在、10月までに制限を完全に解除することを検討している、と日経産業日報は日曜日に報じた。

新聞によると、政府はまた、パッケージツアーの訪問者のみが日本に入国できるというルールを解除することを検討しています.

しかし調査によると、観光規制の緩和を強く求めてきた日本企業は、回復は遅いと考えている。

わずかに過半数が、政府による国境管理の緩和がインバウンド観光の回復に役立つとは考えていないと述べた.

約 28% は、2023 年末までに需要がパンデミック前のレベルに戻ると考えており、18% は 2024 年以降にそれらのレベルに戻ると予想しています。 最後に、20% はこの水準に戻ることはないと考えています。

調査対象者の 3 分の 1 は、観光客の流入の影響を受けていないと述べています。

ロイターのために日経リサーチが実施したロイター企業調査は、匿名を条件に約 500 の日本の大手非金融企業を調査しました。

一方、この調査では、企業の 4 分の 3 が台湾での事件の可能性を懸念していることがわかりました。この島では、中国人が主張する政治的な問題が懸念されています。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。