日本初の庶民となった支配者、原敬

政党への嫌悪感

原敬は、第一次世界大戦が終わる直前の1918年9月に日本の首相に就任しました。 62歳の時、彼は最初の本格的な「党内閣」を率いた。 これは、以前のように、主に国会(日本議会)の選出された議員で構成され、そうでない政治家ではないという違いがあります。

日本を戦後の新たな秩序に導く国を率いる間、彼は1921年11月4日に暗殺されました。 このように、私たちは彼の死の100周年を祝っています。

原敬は1856年に生まれました。 彼の父は南部藩(現在は国の北東にある岩手県)の高位の武士でした。 母親の側では、彼は母親の律と1868年の明治維新の形成期に大きな影響を受けました。 幕府側の南部藩は明治新政権の勢力に敗れ、原家の滅亡につながる。 彼の父は若くして亡くなり、彼の母は家族の中心的な役割を果たしています。 新明治政府への賠償金の支払いを求めて、ドメインはその使用人に支払いを課し始めます。 その後、律は家族の所有物のほとんどを売らなければなりません。 明治初期(1868-1912)は、自らの努力で社会に立ち上がるのが流行でしたが、律は、自分の謙虚な状況が子供たちに良い教育を与え、息子に仕事での正直さと忍耐力。

原敬は常に政党に強い嫌悪感を抱いており、代わりにさまざまな地位を分配する際に独立と実力主義を好みました。 この感情は、おそらく、明治維新の真の建築家、すなわち、30年以上にわたって主に政府を運営していた薩長同盟と長州(現在は鹿児島県と山口県)に対する反乱への反応でした。

フランスから学ぶ

20代の原敬は、司法省の法科大学院で2年半フランス語を学びました。 しかし、彼は学位なしで去りました。 政治と外交への野心に支えられて、彼は自由と民衆の権利運動のリーダーである中江兆民によって設立された私立学校で、フランスの州と同様にその言語を研究し続けました。 彼のリーダーシップの下で、原はジャン=ジャック・ルソーを発見し、「公益」のために行動するという考えを受け入れました。 彼と一緒に、彼はまた、できるだけ多くの人々に人気のある権利の考えを伝えるために人々を政治の働きに慣れさせることからなる進歩的な改革主義の概念を吸収しました。 この公益の精神は、母親が彼に植え付けた価値観を強化するか、さらには深めるだけです。

原敬は野心を追求し、パリの日本公使館で約3年間働き、そこでフランス語を完成させ、国際法、ヨーロッパの政治、文化を学びました。 帰国後、1890年から陸奥宗光、薩長同盟、長州に属さない農林大臣、外務大臣の指揮の下、約7年間を過ごした。 このように原敬は彼と深い絆を築き、彼に大きな賞賛を抱いています。 原敬は、清朝時代の日本、中国、そして主要な西側諸国の間の政権交代が東アジアの国際環境を大きく変えたことをすぐに理解しました。 彼は、これらの力のバランスが不可欠であることを考慮して、危機に瀕している利益と日本の安全を確保することの重要性を十分に認識しています。 むつは、副大臣を含む外務省のさまざまな役職に原を任命する。 むつが外交や国内政治をどのように扱っているかを観察することで、原はビジョンを実現するための実践的なアプローチを学びます。

原敬が人についてどう思うか

1897年、原は外務省を去り、武津の推薦で外務省に加わった。 大阪マイニチシムバン、翌年彼が監督に就任した新聞。 日清戦争(1894〜1895年)後、西側諸国は中国への影響力を拡大しようとしたが、原敬は、勢力均衡によって平和を達成できるという確固たる立場を維持していると信じていた。 彼は新聞の発行部数を3倍に増やしたので、それをうまく受け止めました。

1900年、原敬が政党に加わった 立憲政友会 (憲法政府の友)伊藤博文によって設立されました。 その後まもなく、1902年に故郷の岩手県盛岡市議会議員に選出され、国際環境の変化を監視し、欧米諸国との競争に努める必要性を強調した。 彼はまた、国家に義務を負ったのは政治家だけではなく、職業に関係なく、投票できなくても、誰もが国家を非常に重要視すべきだと信じていました。 1904年2月の日露戦争の勃発前に 立憲政友会彼は党にモスクワに対する感情的な態度を抑えるよう呼びかけた。

原敬は、大国が世界を分断した時代の国家の重要性について語っています。 しかし、彼にとっては、明治寡頭制の少数のメンバーではなく、多くの市民の意見を反映することが州の義務でした。 そのため、たとえば鉄道や道路を建設するなど、選挙政治を通じて票を獲得しようとはしていません。 しかし、それは彼が彼の構成員の支持を獲得し続けることを妨げるものではありません。

1907年頃から、原の方針は逆転しました。彼は日本人の幸福、特に平和を享受する能力について話し始め、もはや国家の集合的利益については話しませんでした。 それは、日本のロシアに対する勝利が群島の安心感を和らげたためかもしれない。 1908年8月に西園寺公望首相の下で内務大臣を務めた後、原は欧米での観察のために約6ヶ月間自費で政府を去った。 彼の航海中に、彼は米国が世界の主要国として英国に取って代わることを理解した最初の日本の政治家になります。

植民地時代のビジョン

1914年8月に第一次世界大戦が勃発したとき、日本は1917年に米国が加盟した連合国を支持しました。 アメリカ合衆国は1918年11月、数百万人の命を奪った紛争から勝利を収めました。 1917年の秋、原 立憲政友会、戦後日本の外交と国内政治の彼のビジョンを共有し始めます。 数ヶ月後、ウッドロウ・ウィルソン米国大統領は十四か条の平和原則を公布しました。これは紛争後の国際秩序の理想を定義すると信じています。 これらのテキストは主に、1919年のパリ講和会議後の国際連盟(SDN)の設立の始まりを示しています。

原はアメリカ大統領の14のポイントを完全に順守し、それが彼をイギリスに損害を与えるためにアメリカとの協力を支持するように導いた。 原は政府の長として、シベリアからの日本軍の撤退も決定しました。 ロシア内戦中に共産軍に抵抗する連合軍の努力の一環として1918年に配備されました。 原は1919年頃に書道の文字を書き始めたことに注意する必要があります。 ほうじゃく、「見返りを期待せずに善を行う」という意味の禅の言葉。 1918年9月に首相に就任した後、彼は国内外でより良い戦後秩序への希望を表明するために発言したのかもしれない。

しかし、パリ講和会議の時、ウィルソン大統領が概説した自己決定の原則がどのように適用されるかを言うのは困難でした。 このイベントは、中国が連合国を支持した戦争中にドイツが以前所有していた山東半島の譲歩を日本が返還することを要求するでしょう。 ワシントンが北京を支持している間、東京はロンドンの支持を得て、山東譲歩を維持することを主張した。 原敬は、帝国の価値観が群島の境界の内側と外側で同じままであることを理解しました。 そこで彼は、少なくともしばらくの間、日本が山東譲歩を支配しているふりをすることにしました。 しかし、彼は新しい注文が展開するのを見て、そのほとんどを中国に返還する予定です。 2年半後、両国は共通点を見出しました。そのほとんどは、北京からの少額の金銭的補償で返還されます。

しかし、原敬は1世紀の運動の間に自己決定の原則を適用しますああ 1919年3月、韓国の日本の植民地(韓国の人々が日本の占領に反対するデモを行った場所)で。 それどころか、彼は彼らを批判し、デモを抑制します。 原は日清戦争の前に韓国にはある程度の可能性があることを理解していたが、彼にとって、明確な近代国への移行は時期尚早であった。 彼はまた、ウィルソン大統領の自己決定という当初のヨーロッパ人の性格で彼の決定を正当化した。 同様に、日本の首相は中国での反植民地主義の五四運動に反対した。 彼にとって、それはロシア革命とマルクス主義の影響を受け、国際秩序に反対した過激なキャンペーンに他ならない。

まだ神秘的な暗殺

第一次世界大戦後、主要な西側諸国の軍縮運動は経済競争に焦点を合わせ、もはや軍事的競争には焦点を合わせていませんでした。 この観察に基づいて、原敬は、産業と文化を後押しすることを目的として、教育、輸送、通信への投資を優先して、不必要な軍事的拡大を制限するなどの改革を開始しました。 そこで彼は、帝国大学に多くの大学を追加する法令を発行します。 たとえば、当時、慶應義塾大学と早慶戦大学は正式に認められていました。 輸送では、支線や道路を主要鉄道網に接続することで鉄道の接続を改善しました。これは、日本の鉄道を40年近く維持する方針です。 力強い成長を遂げた1960年代には、改革が必要になりました。

1921年11月4日、原敬は神戸駅で夜行列車に乗り込もうとして刺された。 彼は会議に出席するために京都に旅行しなければなりませんでした 立憲政友会。 若い殺人者は右翼グループに支持されていたという噂がありますが、今日まで真実は不明です。 また、この頃、昭和天皇の婚約をめぐって政治家と宮廷が対立した。 原敬は、右翼の敵意が彼の元に戻すことができるように、この婚約が起こらないように行動することを意図していました。


東京駅のプラーク(左)は、原敬が暗殺された場所を示しています。 プラークの近く(ジジ/ピクスタ)

原敬がこの致命的な運命に出会わなかったならば、彼は軍国主義者の影響を抑制し、昭和天皇の顧問としての米国との戦争さえ阻止することができたでしょう。 彼の死は、現代の日本にとって重要なターニングポイントとなっています。

(バナー写真:原敬。ジジ)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です