日本大使館は、CHUJRA に 3 台の救急車を提供しています。

日本大使館は、3 台のリサイクル救急車をセンター ホスピタリエのジョセフ ラヴォアハンギ アンドリアナヴァロナ大学に正式に引き渡しました。 このプレゼンテーションは、ヒグチ ヨシヒロ 駐マダガスカル日本国大使からジョセフ ラヴォアハンギ アンドリアナヴァロナ大学ホスピタル センター長に行われました。 式典は、厚生大臣をはじめ、CHU JRA や厚生省の関係者が出席して行われました。

CHUJRA は 1 日に約 600 人の患者を受け入れており、アンタナナリボからの患者だけでなく、他の都市や他の地域からの患者も受け入れています。 そのため、病院が現在持っている 2 台の救急車は、ニーズを満たすのに十分ではありません。

病院がこの課題に対応し、病院のリソースと能力を強化できるようにするため、日本政府は日本から 3 台のリサイクル救急車を購入するために 64,037 ユーロを助成しました。 これらの救急車は、日本の地方自治体によって承認され、日本を出発する前に必要な細心の注意を払ったメンテナンスを受けていました。 現在、非常に良好な状態に修復されており、必要な医療機器が装備されており、患者が迎えに来てから病院に到着するまで、すぐに支援することができます。 各救急車の機器は、救急車ごとに異なり、これはその特異性に応じて異なります。

この支援は、「人間の安全保障に資する地方マイクロプロジェクト交付金」と題する日本の協力プログラムの一環です。

この機会に、樋口義弘駐マダガスカル日本大使は、様々な援助と協力プログラムを動員することにより、すべての人々の医療へのアクセスを改善するためのマダガスカル当局の努力を引き続き支援するという日本政府の意向を改めて表明した。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。