日本市場で大きな可能性を秘めたモロッコ製品、アルガンオイル

日本アルガンオイル協会会長北島大太郎へのインタビュー

「MadeinMorocco」は世界中で検索を続け、新しい販売店、成長の原動力だけでなく、最も遠い新しい市場での悪評と可視性も探しています。 数日前、Mohcine Jazouliが率いる公式代表団、投資、収斂および公共政策評価担当大臣が東京を訪れ、新しい署名「MoroccoNowとその約束」を発表しました。 遠い市場である日本では、「MadeinMorocco」は見知らぬ人ではありません。 日本の消費者は長い間、特定の典型的なモロッコの製品を知っており、高く評価してきました。 最もよく知られているのはアルガンオイルに他なりません。 この証拠は、世界アルガンツリーデーを記念して昨年5月に東京で開催された祝賀会です。 驚いたことに、このモロッコの遺産への賛辞は、日本企業と経済関係者のイニシアチブでした。 日本にはもう一つの特徴であるアルガンオイル協会(日本アルガンオイル協会)があり、輸入業者、流通業者、レストラン、その他のモロッコ産製品の日本の消費者への宣伝に深く関わっている事業者が集まっています。 本日、モロッコはこの協会の会長である北島大太郎に会うことができました。北島大太郎は、アルガンオイルが日本市場にいつどのように導入されたか、消費者の間でのアルガンオイルの位置付けと認識、そしてまだ探求する必要のある開発の可能性について説明します。 インタビュー。

ALM:最近、アルガンオイル協会がある日本で世界アルガンデーが祝われました。 典型的なモロッコの地域の製品のための日本での協会の存在をどのように説明することができますか?

北島大太郎: 物語は1995年にさかのぼります。 当時、さまざまな種類のお茶のリーダーであった当社の日本緑茶株式会社は、日本最大級の食品展示会「Foodex」に参加しました。 モロッコ大使の訪日を光栄に思い、アルガンオイルを宣伝する大冒険の始まりです。 当時、私たちは主にハーブティーの輸入業者として知られており、日本の消費者にはあまり馴染みがありませんでした。 私たちは開拓者のようなものでした。 アルガンオイルについても、日本人に初めて紹介した商品です。 この商品を日本の消費者に説明し、普及させる必要がありました。

そして、協会を設立するというアイデアはどのようにして生まれましたか?

当時、私たちはすでにモロッコから輸入したアルガンオイルを食品として販売する高級店やデリカテッセンのネットワークを持っていましたが、2009年に日本アルガンオイル協会を自主的に設立することを決定しました。東京のモロッコ。 この協会には、食品を専門とする企業だけでなく、化粧品、モロッコ製品を輸入するショップ、さまざまなバックグラウンドを持つオペレーターも含まれていました。 私たちの信条は、企業だけでは市場を征服することはできず、市場を発展させるために力を合わせなければならないということです。
私たちの協会には現在、10社と約30人の個人会員を含む約40人の会員がいます。

13年後の日本の消費者にとってアルガンオイルはどのように位置づけられていますか?

それはその栄養的および美容的特性のために評価されています。 美学や美容製品の分野で使用されています。 アルガンオイルの日本市場は急速に成長しています。 しかし、まだ探求される大きな可能性があります。 私たちの協会は、会員が独自の方法で製品についてのアイデアを交換する機会を提供するイベントを開催しています。 2009年から輸入している化粧品アルガンオイルの市場も拡大し始めています。 確かに、食品の使用に関してはまだやるべきことがたくさんあります。 今日、それを輸入している会社はほんのわずかです。 たとえば日本では、他の国籍の料理とは異なり、モロッコ料理店はまだ多くありません。 別の変種も市場に出ており、宣伝する価値があります。つまり、よりはっきりとした味と香りがあり、ソースやサラダに使用できるローストアルガンオイルです。 日本料理は醤油と塩を多用しているので、アルガンオイルをきちんと使うといいと思います。 刺身、焼き肉、卵を作るとき、アルガンオイルは脂肪と塩を同時に置き換え、料理に風味を加えることができます。 さらに、協会はそのメンバーの中に素晴らしい日本人シェフを数え、アルガンオイルベースの料理を促進するためのイベントやコンテストを開催しています。

日本でアルガンオイルを促進するための他のイニシアチブやオペレーションはありますか?

協会はすでに美容と美容製品のプレゼンテーションを開催しているほか、アルガンオイルを使った料理の料理と試食のセッションも開催しています。 パンデミックのため、過去2年間は計画できませんでしたが、今年も再開したいと考えています。 私たちは他の組織、特にアルガンオイルで調理できる食品の生産者とますます協力しています。 また、「LaSoiréeduMaroc」という大きなイベントに参加し、料理のデモンストレーションを行いました。 また、日本の若い消費者はアルガンオイルに興味を持つだろうと私たちは信じています。 20〜30歳はソーシャルネットワークやスマートフォンに慣れています。 これらのチャネルを通じて彼らとコミュニケーションをとることを検討しています。

日本のツアーオペレーターのためにモロッコへの発見旅行をすでに計画しましたか?
モロッコへのオペレーター旅行を企画したことは一度もありませんが、コビッド危機後に研究することは素晴らしいイニシアチブになると思います。 また、モロッコに興味を持つ日本人はますます増えており、アルガンオイルは自然に近い料理の観光活動に貢献できると信じています…

モロッコ以外の国からアルガンオイルを輸入していますか?
番号モロッコから独占的に輸入し、飛行機で直接発送します。 また、モロッコから大量のオリーブオイルを輸入しています。

アルガンオイルの将来の見通しは?

栄養面や美容面での効果に優れたオイルであり、今後の展望については楽観視しています。 特に日本人は自分の健康や肌の状態にますます注意を払っているので。 また、高級品や有名ブランドにますます惹かれなくなっている若い日本人は、購入する前にその製品とそのメリットについて十分な情報を得たいと考えています。 また、アルガンオイルは環境を保護し、SDGsを達成するために使用されていると主張することもできます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。