日本政府、債務再編交渉でスリランカとの合意はまだない

島国が深刻な経済危機から抜け出す方法を見つけるのに苦労しているため、日本はスリランカの債権者と共に債務サミットの議長を務めることにまだ同意していないと、東京政府当局者は木曜日に述べた。

スリランカは、中国、日本、インドを含む二国間債権者を含め、約 300 億ドルの対外債務を再交渉しなければならず、そのうちの 1 人が共同議長を務める可能性が高い。

「私たちはそのような協定を結んでいません。 彼らの希望的観測かもしれませんが、状況は変わっていません」と、事件に詳しい日本政府高官は匿名を条件にロイターに語った.

東京の否定は、スリランカのラニル・ウィクラマシンハ大統領府が木曜、日本が交渉担当者との会合の共同議長に同意したと述べてから 1 時間も経たないうちに出された。

ウィクラマシンハの事務所は後に、スリランカが日本にサミットの共同議長を依頼したとの説明を出した。 日本はまた、スリランカの融資再編プロセスを支援すると、Wickremesinghe の事務所は述べた。

「必要な条件が満たされれば、日本はスリランカの債務再編を全面的に支援する用意がある」と日本の高官は述べた。

スリランカは数十年で最悪の経済危機に直面しており、深刻な外貨準備高の枯渇により、燃料や食料などの基本的な必需品が絶えず不足しています。

政府と IMF の統計によると、スリランカの総 100 億ドルの二国間債務のうち、日本は約 35 億ドル、つまりスリランカの GDP の 4.4% を保有しています。 (東京梶本哲史とウディサ・ジャヤシンゲ・コロンボによる報告、シルパ・ジャムハンディカールによる執筆、クラレンス・フェルナンデスとトビー・チョプラによる編集)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です