日本政府は2022年の北京オリンピックに参加しません

東京発-日本は金曜日、北京オリンピックで政府を代表する大臣の代表団を派遣しないと発表したが、3人の公式オリンピック大使が出席する。 これは、中国の人権記録に抗議してゲームをボイコットするという米国の決定に対する反応を和らげたものです。

松野博一閣僚は記者会見で「政府代表団を派遣するつもりはない」と語った。

東京オリンピック組織委員会の橋本聖子会長、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会の森和幸会長が出席すると述べた。

松野氏は、日本連盟を代表する国際オリンピック・パラリンピック委員会の招待を受けて、3人の職員がそこにいたと述べた。

松野氏は外交ボイコットかと聞かれると、「参加の仕方を表す具体的な用語は使わない」と答えた。

政府代表団を派遣しないという日本の決定は、中国の人権侵害を引用した米国およびオーストラリア、英国、カナダを含む他のいくつかの国による決定に続くものです。

日本は米国の同盟国として不幸な立場にあり、最大の貿易相手国が中国であることを考えると、中国の新疆ウイグル自治区と香港の人権状況に対して、西側のパートナーよりもハト派的なアプローチを取っています。

日本の岸田文雄首相は、人権を国際政策の中心に据え、この問題に対処するための特別な諮問機関を創設しました。 彼は、中国と建設的な関係を築くことを望んでいると付け加えた。 彼はここ数週間、北京オリンピックについて何をすべきかを繰り返し尋ねられたが、彼は日本の国益のために包括的な決定を下すべきだとだけ言った。

「日本は、中国が国際社会における普遍的価値である自由の普遍的価値、基本的人権の尊重、法の支配を支持することが重要であると考えている」と松野氏は述べた。 日本はこれらの要素を考慮に入れて独自の決定を下しました。」

中国は、オリンピック憲章の精神に必要な政治的中立国に違反したとして、米国や他の国々を批判している。

日本のアスリートは2月4日から大会に出場する予定です。

「日本は、北京オリンピックがオリンピックとパラリンピックの精神で平和を祝うものとして開催されることを望んでいる」と松野氏は締めくくった。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。