日本映画は #MeToo の波に巻き込まれた – 解放

性的暴力

サブスクライバー専用の記事

課せられた関係、役割の恐喝… 3月初旬の榊英雄に対する証言の後、何人かの俳優や映画製作者がセクシャルハラスメントや暴行の申し立てに巻き込まれている.

目立たない日本の映画業界はついに #MeToo によって揺さぶられました。 3月9日、4人の女優が映画監督の榊英雄を性的暴行で訴えた。 後者は、関係が合意されたことを確認し、妻で歌手の榊いずみは、告発者に謝罪し、結婚を終わらせると述べたプレスリリースを共有しました. 告白、継父に虐待された若い女性のトラウマを呼び起こす榊秀夫の新作映画は、その瞬間の拍車で公開がキャンセルされた. 同時に、榊の親友で俳優の木下ほうかが引退を表明。 「無期限に一時停止」、 3人の女優が、セックスを強要したとして彼を非難した後.

「芸能界の性被害者」

このニュースは、匿名を条件に複数の女優に性的暴行を加えた容疑で起訴されている映画製作者の園子温(60)の月曜日の出番に対する舌を緩めた. セクシーなパンク映画で海外で有名な日本人のタランティーノに相当する人物 (自殺クラブ、 愛の露出)、 彼の演技ワークショップの参加者に進歩をもたらしたと言われています. 告発者によると、手口は、セックスと引き換えに彼らに役割を提供していた. 4月5日、自身を自称する荒木ミラさん。 「芸能界の元女優で性被害者」、 リリース

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です