日本赤軍の創設者である重信房子は、20年の刑務所で釈放された

彼の運動は、1970年代と1980年代にパレスチナの大義の名の下に恐怖をまきました。 日本赤軍(ARJ)の創設者である重信房子は、20年の懲役の後、土曜日に釈放された。 かつて「赤の女王」または「恐怖の皇后」と呼ばれていた76歳の彼女は、中東に30年間住んだ後、不法に帰国した母国で2000年に逮捕されました。 2001年に彼女は彼女の独房からARJの解散を発表しました。

重信房子は、娘と一緒に東京で拘束されていた刑務所を去った。 彼の支持者の30人が出席し、「私たちはフサコが大好きです」と書かれたバナーと100人のジャーナリストを運びました。

「半世紀が経ちましたが、誘拐を含む私たちの闘いは、罪のない人々を苦しめました」と重信房子は数分後に言いました。 「そのことをお詫びします」と彼女は付け加えた。 武力闘争を通じて世界革命を提唱したこの極左の男は、オランダのフランス大使館で1974年から1974年の人質事件を組織したとして、2006年に日本で20年の刑を宣告されました。 重信房子が直接関与しなかったこの人質事件は、数人の警官を負傷させ、フランスにARJのメンバーを釈放させた。

Lod-テルアビブ虐殺

ハーグでのこれらのイベント中に、パリのドラッグストアパブリシスでの手榴弾攻撃により、2人が死亡し、34人が負傷しました。 カルロスとして知られるイリッヒ・ラミレス・サンチェスは、この攻撃で2021年9月に終身刑を再び宣告されました。 ARJは、カルロスがヨーロッパの軍隊の1つとなったパレスチナ解放人民戦線(PFLP)の近くにありました。 重信房子はまた、1972年にARJコマンドーによってロドテルアビブ空港(イスラエル)での暗殺を計画した疑いがあります。これは、民間人の間で26人が死亡、80人近くが負傷したサブマシンガンと手榴弾を使用した自殺作戦です。

[1945年に東京で生まれた重信房子は、1965年にベトナム戦争と日米安全保障協定に反対する日本での学生の座り込みに招待されたとき、ほとんど偶然に極左の活動家になりました。若い女性は急速に急進し、数年後、一時的な日本の革命グループの国際支部の方向性に着手し、1971年にレバノンにARJを設立し、そこでPFLPに歓迎されました。

「ひどく終わった」

「当初、私は特に親アラブや反イスラエルではありませんでした。 しかし [à l’époque]、パレスチナの大義は私たち、ベトナム戦争に反対し、社会正義を熱望した若者たちに共感しました」と彼女は、1973年にレバノンでPFLP活動家の重信メイとの関係から生まれた彼女の唯一の娘に捧げられた本で述べました2001年から日本に住んでいた。彼女は最初から母親のために立ち上がって、投獄中ずっと彼女を支えた。

刑務所では、ハーグでの人質事件への関与を認めることなく、重信房子は革命的な理想を実現するための武力闘争に遺憾の意を表明した。 「私たちの希望は実現せず、それはひどく終わった」と彼女は手紙で打ち明けた。 ジャパンタイムズ 「日本人は以前よりも政治問題に無関心だと思います(…)そして私の行動や他の人の行動だと思います [révolutionnaires nippons] 貢献した」と語った。

1980年代後半までに、ARJはアジアとヨーロッパで人質事件、誘拐、銀行強盗、大使館攻撃を実行しました。 内部の争いに引き裂かれ、組織は2001年に解散する前に徐々にその影響力を失いました。 日本の警察は、50年前のテルアビブ・ロード空港虐殺の加害者の唯一の生存者であり、レバノンで政治亡命を認められた岡本公三を含む、ARJの7人の元メンバーをまだ捜している。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です