日本銀行は、超緩い金融政策を変更せずに維持しています

日本銀行は金曜日に超緩い金融政策を変更せず、他の主要な世界の中央銀行の流れに逆らいましたが、エネルギー価格に支えられてインフレも加速しています。

プレスリリースによると、日銀は銀行預金に課すマイナス金利0.1%を維持しており、10年物利回りを約0%に維持するために必要な数の国債を引き続き購入する予定です。
同機関は、量的緩和政策を継続する意向であることを想起し、「必要な限り「2%のインフレ目標を達成するために」安定した方法で“。
黒田東彦日銀総裁は金曜日、その目標は早ければ4月かその直後に達成される可能性があると述べた。 「」しかし、それは私たちが金融政策を修正しなければならないという意味ではありません‘彼はすぐに追加しました。

なぜなら、日本のインフレは現時点では強固な基盤に基づいておらず、景気回復の文脈での動的な家計消費とは関連していないからです。

円安のリスク

「」政策を正常化する前の消費者回復に対する日銀の傾向は損なわれていないSPIAssetManagementの声明でStephenInnesはコメントしました。
日銀は金曜日に、日本の価格上昇は当初、主にエネルギーやその他の商品の異常な価格高騰によるものであると強調した。
金曜日に発表された統計によると、生鮮食品を除くと、2月の群島の消費者物価は1年間で0.6%上昇し、2年間で最も急上昇しました。 しかし、エネルギーがなくても、1%減少しました。

彼らの成長は、米国やドイツなど、金融政策の引き締めを米国連邦準備制度(FRB)や欧州中央銀行(ECB)に求めている他の多くの国と比べると、依然として非常に穏やかです。

2021年の第4四半期の家計消費の上昇は、オミクロンの亜種に関連するCovid-19感染の記録的な波のために、今年の初めにすでに停滞しています。
機関はまた金曜日に次のように強調した。非常に高い不確実性ウクライナでの戦争と日本の経済活動と価格の発展に対するロシアに対する国際的制裁。

2016年2月以来、今週日本通貨に対して最高水準に上昇した対ドル円安は、現在、多くのオブザーバーから、日本経済のもう一つのリスク要因として認識されており、輸入が増加し、購買力が圧迫されている。消費者の。

しかし、黒田東彦は金曜日に再び円安を主張した。ポジティブ日本経済全体にとって、この為替レートの動向は、日銀とFRBの金融政策の間のラグの拡大と必ずしも相関していないと信じていました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です